トップページ > iPhone > Apple、今年新型iPhoneを6モデル発表するとの噂
2020年1月3日 03時05分

読了まで 23

Apple、今年新型iPhoneを6モデル発表するとの噂

iPhone11/11 Pro/11 Pro Max
 
Appleは今年、新しいiPhoneを最大6モデル発表し、うち4モデルは有機EL(OLED)ディスプレイ、残り2モデルは液晶ディスプレイ(LCD)を搭載すると、台湾メディアDigiTimesが報じています。

iPhone SE後継機種が2モデル登場との予測

DigiTimesが「LCD搭載」とする2モデルはiPhone SEの後継機種であり、名称はiPhone SE 2ではなく「iPhone9」になる可能性があると、米メディア9to5Macは記しています。
 
iPhone SEの後継機種が発売されるとの噂は以前からあり、Macお宝鑑定団が名称はiPhone SE 2ではなくiPhone9になると報じました。
 
ただしこれまで浮上したiPhone SE後継モデル関連の情報によれば発売されるのはあくまでも1モデルで、今回のDigiTimesのような「2モデル」という報道はありませんでした。

モデル数倍増は現実味に欠ける?

Appleは2016年以降、新しいiPhoneを年に3モデルずつリリースしています(2016年はiPhone SE/7/7 Plus、2017年はiPhone8/8 Plus/X、2018年はiPhone XS/XS Max/XR、2019年はiPhone11/11 Pro/11 Pro Max)。DigiTimesの報道が正しいとすれば、モデル数が一気に2倍に増えることになります。
 
9to5Macが「根拠がほとんどない」と指摘しているように、3モデルから6モデルに倍増するというのは、少々現実味に欠けるように思えます。

2021年以降は年間4モデル発表との噂も

ただし年間に発表される新型iPhoneのモデル数が現在の3台から増えるという予測や噂は、これまでにも何度か浮上しています。
 
最近ではJP Morganのアナリストが、Appleが2021年以降は、春と秋に2モデルずつ新しいiPhoneを発表するとの予測を明らかにしています。
 
 
Source:DigiTimes via 9to5Mac
(lunatic)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる