トップページ > iPhone > Apple、2021年以降は新型iPhoneを春と秋の2回に分けて発表?
2019年12月4日 00時24分

読了まで 159

Apple、2021年以降は新型iPhoneを春と秋の2回に分けて発表?


 
Appleは毎年秋に新しいiPhoneを発表していますが、2021年以降は、春と秋の2回に分けて新iPhoneを発表することになると、JP Morganのアナリストが予測しています。

2021年には前期と後期に2モデルずつ発表か

2011年のiPhone4S以降、Appleは旗艦モデルとなるiPhoneを年に一度、通常9月に発表してきました。しかしJP Morganのアナリスト、サミク・チャタージー氏は、2021年からは前期(推測では3月〜6月の間)と後期(これまで通り9月)の2回に分けて新型iPhoneが発表されると述べています。
 
もしこれが実現すれば、現在のSamsungの新製品発表サイクルに追随することになります。同社は現在、春にハイエンドのGalaxyモデルを、秋にNoteシリーズを発表しています。

画面サイズは5.4インチ/6.1インチ/6.7インチに

Appleはこれまでにも、複数のiPhoneを春にリリースしています。iPhone SEは3月、iPhone8/8 PlusのPRODUCT(RED)版は4月に発表されました。ただし旗艦モデルについては秋発表のスケジュールを守っています。
 
しかしチャタージー氏がサプライヤー各社の調査を行ったところ、Appleは今年の秋から新型iPhone発売スケジュールの調整を始めており、2021年からは前半に2モデル、後半にさらに2モデルを投入する可能性が高いとのことです。
 
チャタージー氏は2021年発売のiPhoneは4モデルでいずれも5Gに対応、画面サイズは5.4インチ、6.1インチ(2モデル)、6.7インチとなり、2つのハイエンドモデルは3Dセンサーを搭載すると予想しています。3Dセンサーについては、2020年、つまり来年のiPhoneから搭載が始まるとの予測もあります

 
 
Source:Marketwatch via 9to5Mac
Photo:9to5Mac
(lunatic)

カテゴリ : iPhone, iPhone12, 最新情報  タグ : ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる