トップページ > iPhone12 > 「iPhone12」は5G対応でも販売価格はほぼ据え置き、著名アナリスト予測
2019年12月12日 08時38分

読了まで 21

「iPhone12」は5G対応でも販売価格はほぼ据え置き、著名アナリスト予測


 
2020年秋に発売され、5Gに対応する「iPhone12」は、製造コストは上昇するものの、開発コストが下がることで販売価格の上昇は小幅にとどまる、との予測を著名アナリストが発表しました。

設計・試作プロセスを内製化で開発コスト低下

iPhone12」の販売価格に関する新たな予測を発表したのは、Apple関連の精度の高い予測で定評のあるアナリストのミンチー・クオ氏です。
 
クオ氏によると、Appleは「iPhone12」の開発において、従来はサプライヤーに発注していた設計や試作といった、NRE(Non-Recurring Engineering)と呼ばれるプロセスを自社内で完結させる方針とのことです。
 
NREを内製化することで開発コストが引き下げられるため、「iPhone12」の製造コストは1台あたり30ドル〜100ドル(約3,300円〜11,000円)上昇するものの、販売価格は2019年のiPhone11シリーズから大きく上昇しないだろう、とクオ氏は予測しています。

サプライヤーの重要な収益源だったNREプロセス

Appleのサプライヤー各社にとっては、次世代iPhone開発に必要なNREの受注は、iPhoneの販売が落ち込む春から夏にかけての重要な収入源でした。
 
しかし、Appleは今後、ハイエンドモデルを秋に、廉価モデルを春と、年に2回iPhoneを発売する計画のため、サプライヤーにとって大きな問題とはならないだろう、とクオ氏は述べています。

高級感あるデザイン採用か

クオ氏は以前、2020年の「iPhone12」について、iPhone4のような金属製フレームを用いたデザインを採用し、製造コストが大幅に上昇するとの予測を発表しています
 
今回クオ氏が発表した予測では、「iPhone12」のフレームと筐体のどちらも製造コストがかかる、高級感のあるデザインになると見込まれています。

 
 
Source:MacRumors
Photo:PhoneArena
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる