Apple、世界エイズデーに合わせApple Payでの支払いに応じた寄付を開始

    Apple (PRODUCT)RED 2019

    Apple (PRODUCT)RED 2019
     
    Appleは、12月1日の世界エイズデーに合わせて、Apple StoreやAppleオンラインストアでApple Payを使って支払いをすると、Appleが支払い1回につき1ドルを寄付するキャンペーンを開始しました。

    AppleからApple Payで購入するとAppleが寄付

    Appleは、11月25日から12月2日までの期間、Apple Store、Apple公式Webサイト、Apple StoreアプリでApple Payを使って支払いをすると、Appleが1回の支払いにつき1ドルを「世界エイズ・結核・マラリア対策基金(グローバルファンド)」に寄付するキャンペーンを実施しています。
     
    Apple (PRODUCT)RED 2019
     
    Appleによる寄付額は最大で100万ドルです。
     
    Appleは、世界エイズデーに合わせて、AIDS撲滅に向けた取り組みを続ける(RED)を支援するキャンペーンを毎年実施しています。
     
    例年、12月1日には世界各地のApple Storeのロゴが1日限定で赤く染まります

    購入額の一部が寄付される(PRODUCT)REDシリーズ

    Appleは、製品購入額の一部が(RED)に寄付される(PRODUCT)REDシリーズの製品を10年以上前から販売しています
     
    Apple (PRODUCT)RED 2019
     
    現在販売されている(PRODUCT)REDシリーズの製品は、iPhone11、iPhone XR、iPhoneシリーズ用ケース(レザー、シリコーン)、Apple Watch用バンド(スポーツループ、スポーツバンド)、iPadシリーズ用ケース(レザースリーブ、Smart Cover)、iPod touch、Beatsヘッドホン、Beatsポータブルスピーカーです。
     
    Apple (PRODUCT)RED 2019
     
     
    Source:Apple via iをありがとう
    (hato)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    2013年からライター&編集担当として活動。2007年、駐在中のシリコンバレーで発売直後の初代iPhoneに触れて惚れ込む。iPhone歴は3GS→5s→6 Plus→7 Plus→XS Max→12 Pro Max→14 Pro。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次