2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    Microsoft、AirPodsのライバルとなるはずだったイヤホンの発売を延期


     
    Microsoftは、2019年のホリデーシーズンに向けて完全ワイヤレスイヤホンSurface Earbudsを発売する予定でしたが、販売開始を2020年春まで遅らせることが明らかになりました。

    最高の体験を提供するため発売時期を延期

    MicrosoftSurface Eardbudsは、今年のホリデーシーズンにAirPods Proに対抗するワイヤレスイヤホンとなるはずでしたが、発売が延期されました。
     
    Microsoftの最高製品責任者(CPO)のパノス・パネイ氏は、Twitterでイヤホンの発売遅延理由を以下のように説明しています。
     

    製品を作ることとは、すべての細部が正しいものであるよう執拗に追い求めることで、時間がかかるものだ…時々予想以上の時間を要することもある。最高の体験を贔屓にしてくれる方々やお客様に提供するためにも、Surface Earbudsは2020年春に世界中で発売されることになった。

     

    Surface Earbudsのスペックとは?

    MicrosoftのSurface EarbudsはAirPods Proと同じ249ドル(約27,000円)で販売される見込みで、1回の充電でバッテリーは8時間持続します。
     
    イヤホンの挿入部は、一般的なものと見た目が同じですが、外側は円盤のようなデザインとなっており、一見ピアスのようにも見えます。
     

     
    Surface Earbudsのデザインを批判する声も上がっていますが、当初AirPodsの見た目が散々非難され、次第に定着していった過程を考慮すると、心配するには及ばないのではないでしょうか。
     
    イヤホンはタッチ感応となっており、ユーザーはスワイプで音量を変更したり、曲をスキップしたりすることができます。また、翻訳機能を搭載しており、60言語に対応しています。
     
    Surface EarbudsにはMicrosoftのデジタルアシスタントCortanaが内蔵されています。パッケージには3サイズのイヤーチップが同梱される見込みで、フィッティングの調整が可能となっています。
     
     
    Source:CNN Business
    Photo:Microsoft
    (lexi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次