新型MacBook Proは買うべきか?米記者の見解は

    MacBook Pro 16inch

    MacBook Pro 16inch
     
    遂に16インチMacBook Proが発表されました。既存ユーザーの声が反映された仕様に期待が持てますが、果たして今回のMacBook Proは買うべきか否か。米メディア9to5Macの記者ザック・ホール氏は、価格とキーボードの観点から「今はまだ買い時ではない」と独自の見解を述べました。

    キーボードは変更されたが…

    今回発表された16インチMacBook Proで最大の目玉と言えるのが、2015年以降のMacBookに採用されてきたバタフライキーボードが、以前のシザー式キーボードに戻されたことです。
     
    バタフライキーボードは、その構造からMacの薄型化に大いに貢献した一方で、キーが打てなくなる、反復入力されるなどの不具合が多く出ており、既存ユーザーの間でも意見が大きく分かれていました。
     
    キーボードについてホール氏は記事の中でこう述べています。
     

    16インチMacBook Proのキーボードについては今後検証していく必要があるが、不具合の多かったバタフライキーボードからシザー式キーボードへ変更されたことは大きい。しかし、だからと言ってこの機種が即買いというわけではない。キーボード問題は『解決』されたが、あくまでこのMacBook Proはプロフェッショナルな用途に対応した2,400ドル(日本円で248,800円)するハイエンドモデルだからだ。全てのユーザーにそれほど高いスペックは必要ないし、自分なら家族や友人にそんなに高いモデルは勧めない。

     
    ホール氏も、バタフライキーボードには少なからず不満を感じているようですが、「一回打っただけで同じ文字が2個出てくる現象は日常的に発生しているものの、我々記者にとってみても致命的な問題ではない」とも述べています。
     

     

    自分に必要なスペックか考えてからの購入がお勧め

    16インチMacBook Proは税別248,800円から購入できます。
     
    これは各所で予測されていた価格よりも低く、この新型モデル発売と同時に販売終了となった15インチMacBook Proのベーシックモデルを少し下回っています。
     
    しかしホール氏はこの価格を決して安いとは捉えておらず、まずは自分のPCの用途をよく考えるべきと言います。
     
    多少のアドオンは必要にしろ、16インチMacBook Proはソフトウェア開発や映像編集などの作業もこなせる高い能力を持ったプロフェッショナル仕様のPCです。
     
    多くのユーザーにとってそこまでのスペックは必要ない、とホール氏は繰り返します。
     

    今すぐAppleのPCが欲しいと言うならば、13インチMacBook ProやMacBook Airで十分事足りるだろう。キーボードに少し不安は残るが、不具合が多い機種にはキーボード修理プログラムというAppleの保証が備わっている。iPadOS13が使えるiPad Proにキーボードを外部接続して使用するという方法もある。作業上必要のない限り、前述の機種より10万円以上も高いハイエンドモデルを今すぐ買う必要はない。

    2020年まで待つべき

    ホール氏は、現在Macの購入を検討している人には来年まで待つことを強く勧めています。
     
    その理由として、今後発表される他のMacBookにもシザー式キーボードの採用が期待されており、著名アナリストのミン・チー・クオ氏の予測では2020年には新しいモデルが出るとされているからです。
     
    新しい16インチMacBook Proが素晴らしいマシンであることをホール氏は認めているものの、だからこそ今後のAppleに期待しながら今は少し待った方が良いと結論づけています。
     
     
    Source:9to5Mac
    (Vivi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次