トップページ > 最新情報 > AppleのARヘッドセットは軽くて薄いものになる?
2019年11月10日 22時54分

読了まで 211

AppleのARヘッドセットは軽くて薄いものになる?


 
早ければ2020年の下半期にも登場が期待されているAppleの拡張現実(AR)ヘッドセットは、軽くて薄く、他デバイスと連動して威力を発揮するものになるのではないか、とApple製品とソフトウェアを扱うサイトMacworldは推測しています。

モード切り替えが可能な補助的な性質のガジェットになるか

Macworldに寄稿したダン・モレン氏は、新しく発売となったばかりのAirPods Proをほぼ常に装着した状態で先週を過ごしたといいます。
 
AirPods Proは、周囲の雑音を能動的に遮断するアクティブノイズキャンセリング機能と、周囲の雑音を自然にフィルタリングし、周りの状況に常に気を配ることができる「外部音取り込みモード」、通常モードの間で切り替えを行うことができますが、モレン氏はAppleのARヘッドセットでも同様のモード変更が可能になるのではないかと述べています。
 
AirPods ProだけでなくApple Watchも併用していたモレン氏のある日の行動はこんな具合です。AirPods Proで音楽を聴いていたところ、電話の着信通知が鳴ったので、Apple Watchの画面で電話をかけてきた相手を確認、知らない番号だったため電話に出ませんでした。
 
モレン氏は、この一連のプロセスをすべてiPhoneを取り出すことなくこなしましたが、AppleのARヘッドセットもAirPods Proと同じく、iPhoneを中心とする他デバイスとの連携の中で最も威力を発揮するものになるのではないか、と推測しています。
 

 
ゆえにAppleのARヘッドセットは、MicrosoftのHoloLensのように独立して動作するデバイスというよりは、軽くて薄い補助的な性質のシンプルなガジェットになるかもしれない、とモレン氏はコメントしています。
 
Appleは、世界的規模のゲーム配信サービス「Steam」を運営するValveとパートナーシップを組み、ARヘッドセットの開発を行うと先日報じられたばかりです。
 
AppleのARヘッドセットは早けば来年下半期にも発表される見込みで、台湾のQuanta ComputerとPegatronがデバイスの生産を担うとみられています。
 
 
Source:Macworld
Photo:The Apple Post
(lexi)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる