トップページ > 最新情報 > Xiaomiが2020年までに日本市場進出と日経報道、担当者も認める
2019年11月5日 08時26分

読了まで 20

Xiaomiが2020年までに日本市場進出と日経報道、担当者も認める

xiaomi logo ロゴ
 
急成長を遂げている中国のスマートフォンメーカー、Xiaomi(小米:シャオミ)が、2020年に日本に進出すると日本経済新聞社が報じています。Xiaomiのマーケティング責任者も、報道内容を認めています。

高性能・低価格端末で攻勢

Xiaomiは、2010年の創業から、高性能で低価格の製品で販売台数を伸ばし、世界スマートフォン出荷台数ランキングでは4位インドではシェア1位を獲得しています。
 
2019年には総収益の高い企業ランキング「Fortune Global 500」にランクインしています。
 
日本経済新聞は、Xiaomiで海外事業を担当する王翔高級副総裁が日本に子会社を設立し、2020年までに日本市場に参入する計画を明かしたと伝えています。
 
王氏は、日本参入後の端末販売方法として、当初は独自のインターネット販売を計画していますが、携帯電話会社経由での販売にも意欲を示しています。

Xiaomiのマーケティング責任者が報道内容認める

Xiaomiのモバイル製品マーケティング責任者は、日本経済新聞の報道内容を伝えた中国メディア新浪科技のニュースをWeiboで引用し、Xiaomiは2020年までに日本市場に進出する予定だ、と報道内容を認めています。
 

 

日本市場でどこまで存在感示せるか

日本市場は、世界的にみてもiPhoneのシェアが高く、中国や韓国メーカーのスマートフォンのシェアが低い傾向があります。
 
Xiaomiは、露骨なまでにApple製品にそっくりなデザインの製品を低価格で販売してきましたが、日本の消費者はどう反応するのでしょうか。
 
端末と通信の完全分離の義務化、端末代金割引の規制強化で状況が変化した日本市場で、Xiaomiがどこまで存在感を示せるか、注目を集めることとなりそうです。
 
 
Source:日本経済新聞, Weibo, blog of mobile
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる