Appleの紛失防止タグ「AirTag」に新情報!ロシア企業が商標権売却を発表

AirTags コンセプト MacRumors


 
Appleが発売すると噂の紛失防止タグ「AirTag」の商標権を売却したことをロシア企業が発表しました。取引の相手先は明かされていませんが、Appleが商標権を獲得したことの裏付けとなりそうです。

iOS13.2で発見された「AirTag」の名称

先日公開されたiOS13.2からAirTag」の記述が発見され、Appleが開発を進めていると噂のTileのような紛失防止タグの商品名ではないかと話題になっています。
 
MacRumorsは、取引のある法律事務所とダミー企業を使って、Appleが「AirTag」の商標権を購入したようだと報じています。
 
同メディアは、鍵、リュックサック、自転車のアイコンが表示された「探す」アプリの設定画面のスクリーンショットも公開しています。
 

 

ロシア企業「国際取引で商標権を売却」

Appleによる商標権獲得を裏付ける新情報として、「AirTag」の商標権を申請したロシア企業ISBCが、商標権を売却したことを発表しました。
 
ISBCは、同社Webサイトに「AIRTAG」として展開していた製品ブランド名を、国際的取引の結果「ISBC」に変更することとなった、との声明を掲載していますが、取引の相手先については守秘義務契約があるとして明かしていません。
 

 
 
Source: ISBC via MacRumors
Photo:MacRumors (1), (2)
(hato)

この記事がお役に立ったらシェアお願いします

この記事を書いた人

2013年からライター&編集担当として活動。2007年、駐在中のシリコンバレーで発売直後の初代iPhoneに触れて惚れ込む。iPhone歴は3GS→5s→6 Plus→7 Plus→XS Max→12 Pro Max→14 Pro。

特集

[PR]オフィシャルサイト

目次