トップページ > 最新情報 > Apple、紛失防止タグ「AirTag」の商標権を獲得か
2019年10月29日 13時29分

読了まで 224

Apple、紛失防止タグ「AirTag」の商標権を獲得か


 
近々発売されると噂のある、紛失防止タグ「AirTag」の商標権を、Appleが最近になって獲得したことが判明しました。

Apple、「AirTag」の商標権を獲得か

現地時間10月28日に公開されたiOS13.2正式版から、Appleが発売すると噂のある紛失防止タグの名称がAirTag」であることを示す記述が発見されています。
 
米メディアMacRumorsは、Appleが「AirTag」の商標権を獲得したようだ、と報じています。

最初は2016年にロシア企業が申請

「AirTag」の商標は、ロシアのIntelligent Systems of Business Controlという企業が2016年6月に米特許商標庁(USPTO)に申請し、2018年10月に受理されています。
 
Intelligent Systems of Business Controlが申請した「AirTag」は、RFIDを使った通信を行う通信装置で、形状としてカード、キーホルダー、ステッカーなどが列挙されています。
 
その後、2019年8月に「AirTag」の商標が承認され、第三者による異議申し立てが30日間、受け付けられました。

2019年8月から、興味深い動き

興味深いことに、8月28日に、「AirTag」の商標を担当する法律事務所が、Appleとの付き合いが深いBaker & McKenzieのモスクワ事務所に変更されています。
 
そして10月1日、「AirTag」の商標権は、米デラウェア州のGPS Avionという法人に移動しています。
 
GPS Avionは、2019年7月に法人登記サービス企業を経由して設立されており、一連の商標権移転にAppleの名前は登場していません。
 

 
しかし、Appleは商標登録申請から未発表の製品名が発覚するのを避けるために、ダミー会社を使って申請することがよくあります
 
なお、ワイヤレス充電パッドAirPowerの商標権は、すでに登録していた企業からAppleが獲得したものの、3月末にAppleは開発中止を発表しました。

「AirTag」の設定画面のスクリーンショットも

MacRumorsは、「AirTag」の設定画面のスクリーンショットを公開しています。
 
ただし、製品の画像が入ると思われる部分には、仮置きのAppleロゴが表示されています。
 


 
 

Source:MacRumors
Photo:MacRumors
(hato)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる