ドコモ、「iモード」「FOMA」のサービス終了を発表、5Gに注力のため

    docomo FOMA i-mode

    docomo FOMA i-mode
     
    NTTドコモは10月29日、第3世代通信方式「FOMA」と、携帯電話からインターネットが利用できる「iモード」のサービスを、2026年3月31日に終了すると発表しました。今後は次世代通信規格「5G」に経営資源を集中する方針です。

    携帯電話にインターネットを持ち込んだiモード

    NTTドコモが1999年2月にサービスを開始した「iモード」は携帯電話でインターネットや電子メールが利用できる画期的なサービスとして人気を呼び、2010年7月には約4,900万契約を突破しました。
     
    サービス開始当時の通信速度は、9600bpsでした。
     
    世界中で親しまれ、米ニューヨークの近代美術館(MoMA)の永久収蔵品となった「Emoji(絵文字)」も、iモードから誕生しています。
     
    NTTドコモ iモード F501i HYPER
     

    384kbpsの高速通信が特徴だったFOMA

    2001年10月にサービスが開始された「FOMA」は、第3世代移動通信サービスとして、384kbpsの高速通信を活かした動画視聴などのサービスが好評で、2011年には5,700万契約を突破しています。
     
    NTTドコモ FOMA901i
     

    新規受付は2019年9月末に終了

    NTTドコモは、「iモード」と「FOMA」のサービス終了の理由として、4Gの普及による契約数の減少と、2020年から商用サービス開始予定の5Gに経営資源を集中するため、と説明しています。
     
    「iモード」と「FOMA」は、ともに2019年9月30日で新規受付を終了しており、「FOMAデータプラン」「ユビキタスプラン」の新規受付も、2020年3月31日で終了予定です。
     
    「iモード」端末は、2016年11月〜12月で出荷が終了しています。
     
    同社が提供している「iチャネル」「iコンシェル」などのサービス終了時期については、改めて案内する予定とのことです。
     
    なお、NTTドコモは平成が終わる直前に、携帯電話で平成を振り返る冊子をWebで公開しています。
     
     
    Source:NTTドコモ
    Photo:NTTドコモ (1), (2), (3)
    (hato)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    2013年からライター&編集担当として活動。2007年、駐在中のシリコンバレーで発売直後の初代iPhoneに触れて惚れ込む。iPhone歴は3GS→5s→6 Plus→7 Plus→XS Max→12 Pro Max→14 Pro。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次