トップページ > 最新情報 > Apple Pay、オーストリア、ドイツ、オランダで提携金融サービス機関を拡大
2019年10月15日 23時52分

読了まで 146

Apple Pay、オーストリア、ドイツ、オランダで提携金融サービス機関を拡大

ApplePay
 
オーストリアドイツオランダのヨーロッパ3カ国で、Apple Payの利用できる金融機関が増えたことが明らかになりました。

Apple Payとオーストリア

オーストリアでは、Boon、Erste Bank und Sparkasseなど、6つの金融機関でApple Payがすでに利用可能となっていましたが、オンラインバンクBunqが同国内でサービスを開始したため、Apple Payが利用できるようになりました。

Apple Payとドイツ

ドイツでは、23の金融機関ですでにApple Payが利用可能となっていましたが、そこにINGが新たに加わりました。
 
他ヨーロッパ諸国に比べてキャッシュレス化が遅れているといわれるドイツですが、「Apple Payはほとんどの店舗、オンラインストアでサポートされている」とINGはコメントしています。

Apple Payとオランダ

オランダでは、ABN AmroがApple Payが利用できる金融機関のリストに新たに加わりました。
 
「Apple Payは初期設定が簡単で、ユーザーはABN Amroのクレジットカードとデビットカードの恩恵を受け続けることができます」と、ABN Amroは述べています。
 
なお日本では、10月1日からの消費税率引き上げに伴って、全国の中小小売店で最大5%のキャッシュバックが受けられるキャッシュレス還元が始まっています。
 
 
Source:9to5Mac
Photo:Apple
(lexi)

カテゴリ : 最新情報  タグ : ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる