トップページ > 最新情報 > Apple、Apple MusicとApple TV+のセット販売を計画か
2019年10月9日 00時05分

読了まで 29

Apple、Apple MusicとApple TV+のセット販売を計画か

Apple Music
 
Appleが、音楽配信サービスApple Musicと、番組配信サービスApple TV+をセットにした「スーパーバンドル」を計画している、と英経済紙Financial Timesが報じています。Appleの提案に反発するレコード会社もあると伝えられています。

Apple MusicとApple TV+のセット販売を計画

Appleが、Apple Musicと、Apple TV+をセットにした「スーパーバンドル」の販売を計画しており、複数のレコード会社に提案している、と事情に詳しい匿名の関係者から得た情報としてFinancial Timesが報じています。
 
Appleとレコード会社の間で、料金設定について踏み込んだ交渉には至っていないものの、複数のレコード会社幹部はAppleの動向を警戒している模様です。
 
レコード会社としては、Apple MusicとApple TV+がセット販売されて料金が引き下げられた場合、売上高が減少するのではないかとの警戒心がはたらいているとみられます。
 
一方で、Appleの提案を歓迎するレコード会社もあるため、「スーパーバンドル」が実現する可能性もあります。

「スーパーバンドル」の対象サービスは不明

日本でのApple Musicの個人会員料金は月額980円、11月1日にサービス開始予定のApple TV+は月額600円(iPhoneやMacなどの購入で1年間無料)です。
 
両方のサービスの月額料金合計は1,580円ですが、「スーパーバンドル」によって料金が引き下げられれば、利用しようと考えるユーザーが増えることが期待できそうです。
 
なお、「スーパーバンドル」の対象が、ゲームの月額制サービスApple Arcade、ニュース配信サービスApple News+(日本では利用不可)、製品サポートのAppleCare+、iCloudストレージといったサービスまで拡大するかについては不明です。
 
なお、Appleは9月にAppleCare+の制度を変更し、従来は24カ月間だった利用可能期間の上限を撤廃したサブスクリプション方式を導入しています。
 
 
Source:Financial Times via 9to5Mac, MacRumors
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる