トップページ > AirPods > Amazon役員、AirPodsを着用しつつ自社のワイヤレスイヤホンを解説
2019年9月27日 16時28分

読了まで 25

Amazon役員、AirPodsを着用しつつ自社のワイヤレスイヤホンを解説


 
Amazonは先日、Alexa対応の完全ワイヤレスイヤホン「Echo Buds」を含む一連の新製品をスペシャルイベントで発表しました。そのあとのインタビューで、Amazonの役員がEcho Budsではなく競合するAppleのAirPodsを着用していたとして、話題になっています。

右耳にAirPodsを着用

Amazonのデバイスおよびサービス部門の上級副社長を務めるデイビッド・リンプ氏は、Alexa対応の新製品を大量に発表したイベントのあと、米Bloombergのインタビューに登場、新製品について解説しました。
 
ところがリンプ氏が右耳に着用していたのは新しいAmazonのEcho Budsではなく、AppleのAirPodsでした。このことに最初に気づき、Twitterに投稿したのはBuzz Feed Newsのジョン・パッチュカウスキ氏です。
 

これまでにもあった!Apple製品でライバル製品を宣伝

ライバル企業がApple製品(主にiPhone)を使って自社製品を宣伝してしまうというハプニングは、これまでにも何度か起きています。2018年春には、当時Huaweiのブランド大使を務めていた女優のガル・ガドットが、Huawei Mate 10の宣伝をiPhoneからツイート。また同年秋には当時Samsungのブランド大使だったクセニヤ・サプチャーク氏が、テレビインタビューの最中にiPhone Xを使っている様子が公共の電波で流れてしまい、Samsungから賠償金の支払いを要求されています。
 
また昨年大晦日には、Huaweiの公式TwitterアカウントがiPhoneから「2019年おめでとう」のツイートを投稿関与した社員が処罰されたと報じられました。

 
 
Source:Bloomberg via 9to5Mac
(lunatic)

カテゴリ : AirPods, 最新情報  タグ :

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる