Apple、iPhone11 Proの新作CM「トリプルカメラシステム」を公開


     
    Apple Japanは、iPhone11 Pro/11 Pro Maxの新作CM「トリプルカメラシステム」を公開しました。3つのカメラによって、それぞれ印象の異なる映像が撮影可能です。

    風を受ける犬をトリプルカメラで撮り比べ

    Apple Japanの新作CM「トリプルカメラシステム」は、iPhone11 Proが設置された風洞実験室に、毛の長い大型犬が入るところからスタートします。
     

     
    風を受け、毛をなびかせる犬をiPhone11 Proが撮影します。
     

     
    まずは望遠カメラ。犬の表情がよく分かります。
     

     
    次は広角カメラ。表情も、室内の様子も分かる構図です。
     

     
    そして、新搭載の超広角カメラ。一気に広い範囲が撮影された構図に切り替わります。
     

     
    犬の表情を望遠カメラで捉えたり、超広角で動きのある構図にしたりと、さまざまな作例が紹介されます。
     
    映像は、ランプの明かりでくつろぐ犬をナイトモードで撮影した映像で締めくくられます。
     

     
    iPhone11シリーズのナイトモードは、暗い場所での撮影時にモード切り替え不要で自動で作動し、自然な映像を撮影可能です。
     
    新作CM「トリプルカメラシステム」の動画は、こちらでご覧ください。
     

     

    iPhone11 Proで東京を撮影した作品も公開

    Appleは、先日の発表イベントでも、iPhone11 Pro/11 Pro Maxに搭載されたトリプルカメラ性能の高さを特にアピールしており、今後も「iPhoneで撮影」シリーズの広告が数多く展開されると予想されます。
     
    最近では、米ニューヨーク市を拠点に活動する映像クリエイターのアンディ・トゥ氏が、iPhone11 Proで東京を撮影した映像を公開しています。
     
    トゥ氏は、3つのカメラで撮り比べた映像も公開しています。

     
     
    Source:Apple Japan/YouTube
    (hato)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    2013年からライター&編集担当として活動。2007年、駐在中のシリコンバレーで発売直後の初代iPhoneに触れて惚れ込む。iPhone歴は3GS→5s→6 Plus→7 Plus→XS Max→12 Pro Max→14 Pro。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次