トップページ > iPhone SE 2 > iPhone SE後継機と指紋センサー画面内蔵のiPhone、2020年発売か
2019年9月6日 08時20分

読了まで 159

iPhone SE後継機と指紋センサー画面内蔵のiPhone、2020年発売か

iPhone8 コンセプトデザイン Martin Hajek
 
Appleが画面埋め込み式のTouch IDセンサーを搭載したiPhoneを2020年の発売に向けて開発中で、iPhone SEに続く低価格モデルのiPhoneが2020年前半に発売される、と米紙Bloombergが報じています。

Face IDとTouch IDの両方を利用可能

AppleがiPhoneのディスプレイに指紋センサーTouch IDを内蔵する技術を、Apple内部と海外のサプライヤーで開発している、と計画に詳しい匿名の情報源からの話としてBloombergは報じています。
 
指紋センサーがディスプレイに内蔵されることで、ユーザーは顔認証と指紋認証の両方を使うことができるようになるそうです。
 
この技術は、2020年のiPhoneに搭載することを目標としているものの、実際に搭載されるのは2021年にずれ込む可能性もある、とのことです。
 
Appleに関する精度の高い情報で知られるアナリストのミンチー・クオ氏も、2021年のiPhoneにはFace IDとディスプレイ内蔵式のTouch IDの両方が搭載される、との予測を8月に発表しています。

2020年前半に低価格iPhoneも発売

最近、AppleがiPhone SEの後継機を2020年春に発売する、と日本経済新聞が報じて大きな話題となりました。
 
Bloombergも複数の関係者からの情報として、AppleがiPhone SE以来となる低価格のiPhoneを開発中であり、早ければ2020年前半に発売される、と報じています。
 
同メディアによると、低価格iPhoneは4.7インチのディスプレイを搭載し、外見はiPhone8と似ている、とのことです。
 
また、指紋センサーがディスプレイ埋め込みではなく、ホームボタンに内蔵されるそうです。
 
 
Source:Bloomberg
Photo:Martin Hajek
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる