トップページ > 最新情報 > 携帯キャリア、SMSの送信文字数上限を70文字→670文字に拡大
2019年9月5日 13時11分

読了まで 147

携帯キャリア、SMSの送信文字数上限を70文字→670文字に拡大

iPhone メッセージ


 
携帯電話キャリア各社は、ショートメッセージサービス(SMS)の送信可能文字数の上限を、9月10日から現在の70文字から670文字へと拡大すると発表しました。

SMSの文字数制限が

NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、Y!mobileの携帯キャリア各社は9月4日、SMSの送信文字数制限を9月10日から拡大し、MVNOを含む他事業者の携帯電話やPHSにも長文のSMSが送信可能になると発表しました。
 
これまでの送信可能文字数は70文字(半角英数字で160文字)でしたが、最大670文字(半角英数字で1,530文字)まで拡大されます。
 
ただし、受信する側がSMSに対応するプランを契約している必要があるほか、受信先によって正常に受信されない場合があります。
 
送信の際は、各社共通で文字数に応じて1回あたり3円〜30円(税抜)の料金がかかります。
 
SMS 文字数制限 ソフトバンク
 

SMSの進化版「+メッセージ」はキャンペーン中

大手キャリア3社は、SMSの進化版として、3キャリア間なら携帯電話番号だけでやりとりできる「+メッセージ(プラスメッセージ)」サービスを2018年5月から提供しています。
 
キャリア各社は、利用者が1,000万人を突破したことを記念して、各社のユーザーに1,000円相当のポイントをプレゼントするキャンペーンを9月末まで実施しています。
 
 
Source:ソフトバンク, Y!mobile, NTTドコモ, KDDI
Photo:ソフトバンク
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる