トップページ > 最新情報 > 9月10日のAppleスペシャルイベント、招待状に込められた意味は?
2019年8月30日 13時12分

読了まで 251

9月10日のAppleスペシャルイベント、招待状に込められた意味は?

Apple スペシャルイベント 9to5Mac
 
新型iPhoneの発表が見込まれる、Appleスペシャルイベントの招待状に描かれたカラフルなAppleロゴは、何を暗示しているのでしょうか。海外メディアによる考察をご紹介します。

カラフルなAppleロゴの意味は?

Apple現地時間9月10日に開催するスペシャルイベントの招待状には、カラフルなAppleロゴが描かれています。
 
キャッチコピー「By innovation only(イノベーションのみ)」は、「By invitation only(招待者限定)」をもじったフレーズとみられます。
 
例年、Appleはスペシャルイベントの招待状に、発表内容に関係したグラフィックを描いていることから、このグラフィックが意味する内容について、9to5MacやiDropNewsが推測しています。

iPhone XR後継モデルのカラーバリエーション?

カラフルなAppleロゴは、iPhone XRの後継モデルのカラーバリエーションを指すと考えるのが最も妥当と言えそうです。
 
「iPhone11R」や「iPhone11」と噂されるiPhone XRの後継モデルには、新色としてグリーンとラベンダーが追加され、コーラルとブルーが廃止されると報じられています。
 
iPhone XR 2019 コンセプト iPhoneSoft
 
iPhone XR後継モデルは、背面カメラがデュアルカメラになると予測されています。

拡張現実(AR)技術に関係?

招待状に描かれたAppleロゴが透明で立体的であることから、Appleが力を入れているAR関連や、画像処理技術について発表される可能性もある、とiDropNewsは指摘しています。
 
iOS13の正式版公開前という異例の日程で開発者向けにリリースされたiOS13.1では、写真や動画の「透明度」を処理できるアルファチャンネルに対応しています。

レインボーカラーのAppleロゴが復活?

カラフルなAppleロゴは、Appleが1977年から1998年まで使っていた、レインボーカラーのAppleロゴを思い出させます。
 
ただし、両者を比較すると、使われている色の数と並びが異なります。
 


 
なお、7月には、Appleが新製品で虹色のロゴを復活させるかもしれない、との情報も伝えられています。

「One more thing」があるかも?

Appleが招待状に「By innovation only」というフレーズを添えていることから、「One more thing」として、まだ情報が漏れていない、何か画期的な製品やサービスが発表される可能性もある、とiDropNewsは指摘しています。
 
ロゴのグラフィックから、AR、透明、3Dとの関係が連想されることから、深度を記録できる3Dカメラ、あるいはARメガネなどの可能性もありそうだ、と同メディアは推測しています。
 
 
Source:9to5Mac, iDropNews
Photo:iPhoneSoft
(hato)

--PR--

[公式] - iPhoneの購入や予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


→ 格安でiPhoneを使うなら「Y!mobile」や「UQモバイル

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる