2019年8月22日 15時52分

読了まで 28

Apple、ユーラシア経済委員会に未発表のApple WatchとiPhoneを登録

2020 iPhone


 
ユーラシア経済委員会のデータベースに未発表のを複数モデル登録していることが判明しました。それぞれ9月のイベントで発表される新モデルと考えられ、いよいよ公式発表が近づいてきたことが確認されました。

13のiPhoneと4つのApple Watch

今回ユーラシア経済委員会(EEC)に登録されたのはiOS13を搭載したA2111、A2160、A2161、A2215、A2216、A2217、A2218、A2219、A2220、A2221、A2223、A2296、A2298の型番を持つiPhoneと、watchOS6を搭載したA2156、A2157、A2092、A2093の型番を持つApple Watchです。
 
iPhone11 MKBHD
 
iPhoneの型番が多い気もしますが、それぞれXS、XS Max、XRの後継機種の地域の通信事情に合わせたモデルの型番だと考えられます。Apple Watchについては40mm44mmモデルのそれぞれGPSモデルとGPS+セルラーモデルの型番だと考えられます。
 
AppleによるEECのリストへの登録は発表前に公表されることが多く、これまでも多くの新製品がこのリストに登録されたことでその存在が明らかになっています。今回登録が確認されたことで9月10日(日本時間11日)に開催されると予想されるスペシャルイベントでiPhoneとApple Watchの新モデルが発表されるのはほぼ確実になりました。

Apple Watch Series 5

次期iPhoneについては外観やカメラについての噂が多く、またこれまでも毎年新モデルが出てきたことから9月のスペシャルイベントで発表されるのは確実と見られてきました。しかし次期Apple Watchについては最近までこれといった噂がなく、本当に新モデルが発表されるのか疑問視する声もありました。
 
Apple watchOS 6
 
しかし最近になってセラミックケース、チタンケースのモデルが登場することがwatchOS6のベータ版の解析から判明し、そして今回のEECのリストへの登録が確認されたことで、Apple Watch Series 5が発表される可能性が高まっています。
 
 
Source:MacRumors
(KAZ)

カテゴリ : 最新情報   タグ : , ,
著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる