発表前のGalaxy Note10+情報、Samsungが公式でフライング掲載

    galaxy note10 samsung

    galaxy note10 レンダリング画像
     
    8月7日に発表が予定されるSamsungGalaxy Note10ですが、一部の公式サイトで誤って発表前に情報が公開されていたことが分かりました(現在は削除済)。

    Note10+情報、現在は削除済

    ニュースサイトPhone Arenaによると、ルーマニアやスロベニアなど一部欧州のSamsung公式サイトで、8月7日に発表が噂されるGalaxy Note10シリーズに関する情報がフライングで公開されていたようです。すでに特設ページは削除されていますが、スクリーンショットからは「Galaxy Note10+ Hybrid SIM 512GB」といった文言が確認できます。
     
    note10 公式サイト リーク galaxy
     
    Samsungは近年、年前半にGalaxy Sシリーズ、年後半にGalaxy Noteシリーズとして、2種類の異なるフラッグシップモデルを展開しています。このうちSシリーズについてのみ、通常版とは別にディスプレイの大きな+シリーズが用意されていました(例:Galaxy S10/S10+)。
     
    しかし今回の公式サイトでのリークが正しいとすれば、SamsungはGalaxy NoteについてもNote10+として、Note10とは別のモデルを展開する用意があることになります。これまでに伝わっているリーク情報では、Note10は6.28インチ、Note10+は6.75インチのディスプレイを採用し、Note10+のみRAMが12GB、ToFセンサー搭載のクアッドカメラとなるようです。
     
    galaxy note10 レンダリング画像
     
    一方で「Hybrid SIM」の詳細は不明ですが、ニュースサイトUbergizmoは「iPhoneが対応しているような物理SIMとeSIMの組み合わせ」を指しているのではないか、と推測しています。この他に公式サイトでは、オーラグロー、オーラブラック、オーラホワイトと、カラーバリエーションの掲載もされていたようです。
     
    なお、Galaxy Note10シリーズは8月7日の発表前にもかかわらず、すでにSamsungによって予約が開始されています。価格はNote10が999ドル(約108,000円)、Note10+が1,149ドル(約124,100円)となり、発売日は8月24日と考えられています。
     
     
    Source:PhoneArena,Ubergizmo,Twitter-Samsung_News_
    Photo:Twitter-ishanagarwal24
    (kihachi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    丸みを帯びたiPhone3GSの筐体に惚れ込み、Apple信者を誓ったのも今は昔。2014年から始めたライター業がきっかけで、気づけばXiaomiやHuaweiなど中華スマホにも手を出す浮気症に。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次