トップページ > iPad > 10.2インチiPadか?新たに2モデルのiPadがEECのデータベースに登録
2019年7月28日 00時03分

読了まで 21

10.2インチiPadか?新たに2モデルのiPadがEECのデータベースに登録

iPad(第6世代) Apple
 
7月10日に登録された5モデルに続き、新たに2モデルのiPadが、ユーラシア経済連合(EEC)のデータベースに登録されました。今秋発売と噂の10.2インチiPadでははないかと考えられます。

新型iPad、合計7モデルがEECのデータベースに

iPadOSを搭載したモデル番号「A2200」と「A2232」のiPadEECのデータベースに追加登録された、とインドメディアMySmartPriceが報じています。
 
EEC iPad 9to5Mac
 
EECのデータベースには、現地時間7月10日に合計5モデル(モデル番号A2197、A2228、A2068、A2198、A2230)の新型iPadが登録されているのが発見されたばかりです。
 
EECは、暗号化通信を行う製品の情報を登録することを義務付けています。そのため、未発表のApple製品がEECのデータベースに掲載されると、数カ月後に発売されると推測することができます。

今秋発売の10.2インチiPadか?

EECのデータベースには、デバイスのスペックは掲載されないため、次期iPadの詳細は不明です。
 
これらのiPadは、9.7インチのiPad(第6世代)の後継モデルとして、7月に生産開始と報じられている10.2インチのiPadではないかと考えられます。
 
Appleは2018年10月30日にニューヨーク市で開催したスペシャルイベントで、新型iPad Proを発表しています。

macOS CatalinaプリインストールのMacの情報も更新

今回発見された2モデルのiPadと同時に、macOS CatalinaがインストールされたMacのモデルが数多くEECのデータベースに登録されています。
 
これはmacOS CatalinaをプリインストールしたMacの発売が近づいているので、登録情報を更新しただけだろう、と米メディア9to5Macは報じています。
 
 
Source:MySmartPrice, 9to5Mac
(hato)

カテゴリ : iPad, 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる