Huaweiの折りたたみスマホ「Mate X」、発売前に使用するCEO目撃

    Huawei Mate X

    Huawei Mate X
     
    発売前にもかかわらず、Huaweiの折りたたみスマートフォン「Mate X」を使用している男性が中国の空港で目撃されました。その男性とは、Huaweiのコンシューマー・ビジネス部門を率いるリチャード・ユー最高経営責任者(CEO)です。

    北京空港で堂々と使用

    SamsungのGalaxy Foldと並んで、HuaweiMate Xは折りたたみスマートフォンとして注目を集めています。ともに薄さと柔軟性を兼ね備えたフレキシブル有機EL(OLED)ディスプレイの特性を活かし、用途に応じてパネルを広げたり2つ折りにしたりできるのが特徴です。
     
    このうちMate Xは6月頃の発売を予定していましたが、ディスプレイの耐久性が懸念されたことで9月に発売を延期しています(幹部のホー・ガン氏は以前7月末~8月初旬と発言していましたが、最近になって9月のGalaxy Foldよりも発売が遅れる可能性を示唆しています)。
     
    そんなMate Xを発売前にもかかわらず、リチャード・ユーCEOが北京空港で堂々と使用している姿が目撃されました。目撃した人物がMate Xについて尋ねたところ、ユー氏は快く質問に応じ「リリースまでにはもう少し待つ必要があるね」と笑いながら答えたとのことです。
     
    huawei mate x リチャード・ユー

    広げるとタブレットサイズに

    ユー氏が広げたMate Xを両手で持ちながらテキストを読んでいるように、Mate Xはたたんだ状態では6.6インチのスマートフォンですが、広げると8インチ(2,480×2,200)のタブレットに変身します(iPad miniは7.9インチ:2,048×1,536)。
     
    Huawei Mate X
     
    スペックは4,000万画素のメインカメラ、8GBのRAMに加え、下りスピードが実測値で1Gbpsに到達する5Gにも対応しており、あらゆる点で次世代スマートフォンの名に相応しい仕上がりとなっています。価格は2,299ユーロ(約278,600円)です。
     
     
    Source:微博 via Gizchina,GSMArena,MyDrivers
    Photo:Huawei
    (kihachi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    丸みを帯びたiPhone3GSの筐体に惚れ込み、Apple信者を誓ったのも今は昔。2014年から始めたライター業がきっかけで、気づけばXiaomiやHuaweiなど中華スマホにも手を出す浮気症に。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次