トップページ > Apple Watch > Apple WatchのトランシーバーがwatchOS5.3で復活
2019年7月24日 23時46分

読了まで 138

Apple WatchのトランシーバーがwatchOS5.3で復活


 
Apple Watchのトランシーバーアプリは、セキュリティ上の脆弱性が発見されたことにより、一時機能が停止されていましたが、watchOS5.3で再び利用可能になりました。

トランシーバーアプリのバグを修正する重要なアップデート

Apple Watchのトランシーバーアプリを使うと、Apple Watch同士でワンタップで連絡を取り合うことができますが、7月上旬に他ユーザーのiPhoneが傍聴できてしまうバグが見つかり、機能が一時的に利用停止となっていました。
 
しかしながら、現地時間の7月22日付けでリリースとなったwatchOS5.3で、トランシーバーアプリの脆弱性が修正されており、再び機能が使用可能となったことがわかりました。
 
watchOS5.3のリリースノートには、「“トランシーバー”Appの修正を含む重要なセキュリティアップデートが提供されます」と記されています。

心電図機能がカナダとシンガポールで利用可能に

今回のwatchOSのアップデートで、心電図(ECG)機能がカナダとシンガポールで利用できるようになりました。
 
ECGは、現在31の国や地域で利用可能となっています。
 
 
Source:The Verge
(lexi)

--PR--

[公式] - iPhoneの購入や予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


→ 格安でiPhoneを使うなら「Y!mobile」や「UQモバイル

カテゴリ : Apple Watch, 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる