携帯料金「2年間の支払総額」表示が10月から義務化へ、料金比較が容易に

    総務省

    総務省
     
    総務省が携帯大手キャリアに対し、契約期間中の支払総額をユーザーに示すことを義務付ける、と日本経済新聞が報じています。料金が比較しやすくなることが期待されています。

    数カ月や1年間限定の割引で料金が複雑化

    報道によると、総務省は大手携帯キャリアは契約時や更新時、ユーザーに2年契約などの契約期間中の支払総額を書面やメールで伝えることを義務付ける方針です。
     
    現在は、契約から数カ月間や1年間に限定した割引が適用され、店頭などで契約直後の料金が強調して表示されるケースも多く、キャリア間の料金比較が難しくなっています。
     
    総務省の有識者会議「モバイル市場の競争環境に関する研究会」は3月に、条件付きの割引によって料金が複雑化していると指摘し、契約期間中の支払総額をわかりやすく明示する必要がある、などとした中間報告案をまとめていました。
     
    総務省 モバイル市場の競争環境に関する研究会 中間報告書(案)概要
     

    「違約金1,000円以下」と同じ10月からの義務化めざす

    総務省は、支払総額表示を10月から義務化する方針ですが、システム整備が間に合わない場合には猶予するとのことです。
     
    2年契約を途中解約した場合に発生する違約金を1,000円以下に制限し、2年契約の有無による月額料金の差額を170円までに抑えるルールも、10月から施行される予定です。
     
    なお、MMD研究所の調査によると、違約金が1,000円になったら携帯電話会社を乗り換えたいと考えているユーザーは約2割という結果となっています。
     
     
    Source:日本経済新聞
    (hato)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    2013年からライター&編集担当として活動。2007年、駐在中のシリコンバレーで発売直後の初代iPhoneに触れて惚れ込む。iPhone歴は3GS→5s→6 Plus→7 Plus→XS Max→12 Pro Max→14 Pro。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次