トップページ > Mac > 2019年のMacBook Airは新しいシザースイッチキーボードを搭載か
2019年7月4日 19時20分

読了まで 22

2019年のMacBook Airは新しいシザースイッチキーボードを搭載か


 
MacBook Airの2019年モデルには、バタフライキーボードではなく、新しいシザースイッチキーボードが搭載される、とApple関連製品の情報に詳しいアナリストのミンチー・クオ氏が予測しています。

バタフライキーボードに不満を持っていたユーザーに朗報

2015年のMacBookから搭載されているバタフライキーボードは、使用するにしたがってキーが打ちにくくなる問題が報告されていましたが、機能面だけではなく、キーストローク(キーを底打ちするまでの距離)が短いことに不満を感じるユーザーが多いとされていました。
 
Appleは、バタフライキーボードにシリコン膜を加えるなど、苦肉の策を講じてきましたが、ついに新方式のキーボードがMacBookに採用されるとの情報が入ってきました。
 
今回のクオ氏の予測によれば、2019年のMacBook Airではバタフライキーボードが廃止となり、新たにシザースイッチ方式のキーボードが搭載されるとのことです。シザースイッチキーボードは、内部構造にグラスファイバーが使用される見込みです。

バタフライキーボードよりも製造コストは安い

クオ氏によると、新しいシザースイッチ方式のキーボードは、耐久性が向上し、キーストロークが長くなるだけでなく、歩留まりの低い(不良品発生率の高い)これまでのバタフライキーボードよりも安価で製造できるとのことです。
 
しかしながら、シザースイッチキーボードのMacBook Proへの搭載は2020年になってからだといわれています。
 
ゆえに、今秋の発売が噂されている16インチのMacBook Proには、シザースイッチキーボードは搭載されない見通しです。
 
これまで2019年のMacBook Airは、主に中身のアップデートとなるといわれてきましたが、クオ氏の予測が正しければデザインも大きく変わることになりそうです。
 
 
Source:9to5Mac
Photo:Deskthority Wiki
(lexi)

--PR--

[公式] - iPhoneの購入や予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


→ 格安でiPhoneを使うなら「Y!mobile」や「UQモバイル

カテゴリ : Mac, 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる