トップページ > Mac > バッテリー自主回収の対象MacBook Proは米だけで40万台超
2019年6月28日 01時31分

読了まで 219

バッテリー自主回収の対象MacBook Proは米だけで40万台超

Apple_MacBook-Pro-Battery_062019_big.jpg.large
 
Appleは20日、一部の15インチMacBook Proで発熱問題が起きていることについて、バッテリーの自主回収および無償交換を行うと発表しましたが、アメリカだけで販売済の対象モデルは40万台以上が確認されています。

やけどの被害も複数報告あり

Appleバッテリーの自主回収および無償交換を行うとしているMacBookは、主に2015年9月から2017年2月にかけて販売されたMacBook Pro(Retina, 15-inch, Mid 2015)です。理由は「バッテリーが過熱し、防火安全上の問題が発生する可能性」とされています。
 
米国消費者製品安全委員会(CPSC)によると、Appleは対象となるMacBookで26件のバッテリー過熱報告を受け取っており、そのうち5件が軽度のやけど、1件が煙の吸入、17件が周囲にあった私有財産への被害でした。5月末に報告されたMacBook Pro発火動画も今回の問題に関係していると考えられます。
 
また販売済MacBook Proのうち、アメリカだけで約432,000台、カナダでも約26,000台(カナダ保険省発表)が対象となっていることも確認されています。

回収&交換対象か確認する方法は?

今回の自主回収および無償交換は、世界中で販売されたMacBook Proが対象のため、日本国内で販売されたデバイスも含まれます。
 
対象のMacBook Proかどうかを見分ける方法は以下となります。
 
画面の左上隅にあるAppleメニュー(林檎マーク)から「このMacについて」を選択、出てきたダイアログでモデル名が「MacBook Pro (Retina, 15-inch, Mid 2015)」となっているかどうかを確認します。
 

apple 2015 macbook pro 回収 バッテリー 交換

筆者のMacBookは「MacBook Air (13-inch, Early 2015)」だった


 
該当していた場合、ダイアログに記載されているシリアル番号を特設ページ(15 インチ MacBook Pro バッテリー自主回収プログラム)で入力することで、対象デバイスかどうかを判定できます。
 
apple 2015 macbook pro 回収 バッテリー 交換
 
交換手続きは、Apple Store(直営店)か正規サービスプロバイダへの持ち込み、配送から選択できます。
 
 
Srouce:15 インチ MacBook Pro バッテリー自主回収プログラム,MacRumors
(kihachi)

--PR--

[公式] - iPhoneの購入や予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


→ 格安でiPhoneを使うなら「Y!mobile」や「UQモバイル

カテゴリ : Mac, 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる