トップページ > 最新情報 > Apple、米シアトルで今後5年間で2,000人を雇用と約束
2019年6月25日 12時00分

読了まで 148

Apple、米シアトルで今後5年間で2,000人を雇用と約束

333-dexter-apple-seattle-office
 
米ワシントン州シアトルのジェニー・ダンカン市長は現地時間6月24日、Appleが同市において、今後5年間で2,000人を新たに雇用する計画だと発表しました。

シアトルでAI・機械学習・iCloud・Siriなどを開発

Appleはシアトルに複数のオフィスを持っており、人工知能(AI)、機械学習、iCloud、Siriの開発を行っています。2017年には、シアトルにおけるAIおよび機械学習の研究拠点を拡大すると発表、2018年4月にはシアトル中心部の建物内で借りていたスペースを、1フロア半から5フロアへと拡大しました。
 
またつい最近は、シアトルのサウス・レイク・ユニオン地区において、この夏完成予定の12階建ての2棟のビルから構成される「333 Dexter」の大半をオフィスとしてリースするようだと報じられたばかりです。

Apple、2024年までに新たに2,000人を新規採用

Appleは2018年12月、2021年までにシアトルにおいて新たに1,000人以上を雇用する計画を発表しています。今回の発表は2024年までに2,000人を新規採用するという意味であり、Appleがシアトルにおける研究開発事業を順調に拡大していることを示唆しています。
 
ダンカン市長は公式メッセージにおいて「シアトルにおけるAppleの施設拡張は、住民の就職先が増えていることを示す一例であり、私達の市が経済都市へと成長しているという意味でもあります」と述べています。

 
 
Source:Seattle.gov via MacRumors
(lunatic)

--PR--

[公式] - iPhoneの購入や予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


→ 格安でiPhoneを使うなら「Y!mobile」や「UQモバイル

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる