GoogleとAppleの検索エンジン交渉、ほぼ毎日4カ月以上続いた

    Macbook google

    Macbook google
     
    AppleのブラウザSafariの標準検索エンジンとして採用してもらうため、Googleが多額の支払いを行っているのは周知の事実ですが、交渉において両社は4カ月以上を費やし、しかもほぼ毎日話し合いを行っていたようです。Appleの元顧問弁護士がインタビューで語りました。

    4カ月間ほぼ毎日行われた会議

    Appleの元顧問弁護士であるブルース・シーウェル氏はコロンビア大学法学部の学生に対し、Apple、Google両社の役員のほぼ全員が顔を合わせ、詳細を議論したと述べています。
     

    AppleとGoogleとの検索に関する交渉は、おそらく4カ月はかかった。

     
    シーウェル氏はGoogleのサンダー・ピチャイ最高経営責任者(CEO)およびケント・ウォーカー相談役とほぼ毎日会議を行ったとのことです。Apple側からはシーウェル氏、そしてティム・クックCEOまたはエディ・キュー上級副社長が出席、GoogleまたはAppleのどちらかの社屋で、連日話し合いが行われました。

    2018年の推定支払額は95億ドル

    AppleはこれまでGoogleの支払額について発表しておらず、シーウェル氏も正確な金額には触れませんでした。しかし裁判所の文書から、GoogleはAppleに対し、2014年には10億ドルを支払ったことがわかっています。2018年についてはGoldman Sachsが95億ドルと見積もっています
     
    検索順位などの調査を行うSearchEngineLandによると、米国において、AppleのSafariはGoogle Chromeに次いで最も利用者の多いブラウザです。

    早朝4時から仕事をするクックCEO

    シーウェル氏は現在の顧問弁護士であるキャサリン・アダムス氏に引き継ぐまで、2009年から2017年までAppleの顧問弁護士を務めました。Appleに勤務する前はIntelでも顧問弁護士を務めています。
     
    シーウェル氏によると、クックCEOはかなり朝早くから仕事をしていて、早朝から膨大な量のメールが送られてくることがしばしばあったそうです。
     

    ティムはちょっと驚くようなスケジュールで仕事をしていた。
    午前4時から午前5時までにかなりの量の仕事をこなしていたので、私は6時半頃起きたらまずメールをチェックして、ティムが置いていったものを全て確認していた。

     
    インタビューのすべては下の動画でご覧いただけます。
     

     
     
    Source:YouTube via CNBC
    Photo:Pixabay
    (lunatic)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    元某業界新聞社の記者。その後フリーライターとして各方面で執筆、英日翻訳家としての著書も多数。2014年から本メディアでライター、編集記者として活動中。アメリカ在住(現在は日本に滞在中)。iPhone使用歴は12年以上。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次