トップページ > 最新情報 > GoogleとAppleの検索エンジン交渉、ほぼ毎日4カ月以上続いた
2019年6月11日 10時20分

読了まで 217

GoogleとAppleの検索エンジン交渉、ほぼ毎日4カ月以上続いた

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

Macbook google
 
AppleのブラウザSafariの標準検索エンジンとして採用してもらうため、Googleが多額の支払いを行っているのは周知の事実ですが、交渉において両社は4カ月以上を費やし、しかもほぼ毎日話し合いを行っていたようです。Appleの元顧問弁護士がインタビューで語りました。

4カ月間ほぼ毎日行われた会議

Appleの元顧問弁護士であるブルース・シーウェル氏はコロンビア大学法学部の学生に対し、Apple、Google両社の役員のほぼ全員が顔を合わせ、詳細を議論したと述べています。
 

AppleとGoogleとの検索に関する交渉は、おそらく4カ月はかかった。

 
シーウェル氏はGoogleのサンダー・ピチャイ最高経営責任者(CEO)およびケント・ウォーカー相談役とほぼ毎日会議を行ったとのことです。Apple側からはシーウェル氏、そしてティム・クックCEOまたはエディ・キュー上級副社長が出席、GoogleまたはAppleのどちらかの社屋で、連日話し合いが行われました。

2018年の推定支払額は95億ドル

AppleはこれまでGoogleの支払額について発表しておらず、シーウェル氏も正確な金額には触れませんでした。しかし裁判所の文書から、GoogleはAppleに対し、2014年には10億ドルを支払ったことがわかっています。2018年についてはGoldman Sachsが95億ドルと見積もっています
 
検索順位などの調査を行うSearchEngineLandによると、米国において、AppleのSafariはGoogle Chromeに次いで最も利用者の多いブラウザです。

早朝4時から仕事をするクックCEO

シーウェル氏は現在の顧問弁護士であるキャサリン・アダムス氏に引き継ぐまで、2009年から2017年までAppleの顧問弁護士を務めました。Appleに勤務する前はIntelでも顧問弁護士を務めています。
 
シーウェル氏によると、クックCEOはかなり朝早くから仕事をしていて、早朝から膨大な量のメールが送られてくることがしばしばあったそうです。
 

ティムはちょっと驚くようなスケジュールで仕事をしていた。
午前4時から午前5時までにかなりの量の仕事をこなしていたので、私は6時半頃起きたらまずメールをチェックして、ティムが置いていったものを全て確認していた。

 
インタビューのすべては下の動画でご覧いただけます。
 

 
 
Source:YouTube via CNBC
Photo:Pixabay
(lunatic)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , , , ,
Twitter

Twitter

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる