【iOS13】iPhoneとiPadで外部ストレージを使ってみた


     
    iOS13およびiPadOSでは、iPhoneやiPadでついに外部ストレージが使えるようになります。米メディアAppleInsiderが開発者向けベータで実際に試し、報告していますので、ご紹介します。

    iPhoneで試してみる

    AppleInsiderは、AppleのLightning – SDカードカメラリーダーにSDカードを差し込み、iPhone内の「ファイル」アプリで問題なくSDカードを開くことができた、と報告しています。
     
    同メディアによれば、一部のUSBドライブは、Lightning – USBカメラアダプタで接続することができました。ただしUSBドライブの容量が大きすぎると、iPhoneの電力を大量に消費してしまうため、警告が表示されたとのことです。
     
    またLightning – USB 3カメラアダプタを使うと、USB-A 3.0だけでなく、Lightning入力も可能です。そこで同アダプタを使い、電力供給を行いながらだと、容量の大きいUSBドライブも問題なく接続することができました。
     
    しかし同アダプタを使っても、iPhoneに外部HDDとSSDをつなぐことはできませんでした
     
    したがってiOS13(少なくとも現在のベータ版)では、小型のUSBドライブとSDカードは問題なく接続、ファイルアプリで開くことができますが、大型ストレージは接続できないことがわかりました。ただし今後のアップデートで変わる可能性はあります。

    iPadで実験

    外部ストレージの需要が高いのは、iPhoneよりもiPadでしょう。
     
    AppleInsiderはまず、USB-CハブにiPad Proを接続し、ハブのUSB-Cポートを電源につなぎました。そしてハブのUSB-Aポートの1つめをハードドライブに、2つめをSSDに、3つめをフラッシュドライブに、そして4つめをSDカードリーダーにつなぎ、SDカードを差し込みました。
     
    4つの外部ストレージはiPad Proのファイルアプリのロケーションメニューに即座に表示されました。ストレージ間でファイルを移動させる、複数ファイルを同時に別のストレージに移す、ストレージ内のフォルダやファイルをiPad Proのローカルストレージに保存するといった操作が、問題なく行えました。
     
    iPadOSでは、サードパーティーのアプリを使わなくても、ファイルを圧縮・解凍することが可能です。またiOS13とiPadOSではダウンロードマネージャーが新しくなり、接続している外部ストレージに直接ダウンロードできます。
     
    Appleは公式に、iOS13iPadOSではExFAT、FAT32、HSF+、APFSストレージデバイスをサポートすると表明していますが、最初のベータではAPFSにはまだ非対応です。
     

     
     
    Source:AppleInsider
    (lunatic)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    元某業界新聞社の記者。その後フリーライターとして各方面で執筆、英日翻訳家としての著書も多数。2014年から本メディアでライター、編集記者として活動中。アメリカ在住(現在は日本に滞在中)。iPhone使用歴は12年以上。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次