次期macOSではiPhone/iPad経由でPDFに署名が可能に

    macos catalina ios13 プレビュー アプリ 署名

    プレビュー アプリ pdf 署名
     
    先日発表されたMac向け次期macOS Catalinaですが、WWDC 19では語られなかった部分についても、デベロッパーたちのコード解析などによって詳細が判明しつつあります。macOS Catalinaでは「プレビュー」アプリで、iPhoneやiOSを通して署名ができることが分かりました。

    より手軽に署名ができるように

    プレビュー」はドキュメント編集を目的とした標準アプリで、PDFファイルのフォームにテキスト入力や署名を行うこともできます。アプリ自体は従来のmacOSにも搭載されていましたが、署名を行うにはMacのトラックパッドで入力するか、内蔵カメラを使って署名をキャプチャする必要がありました。
     
    しかし、macOS Catalina以降はMacに接続したiPhoneやiPad経由でも署名が可能となります(Apple Pencilも対応端末なら利用可能)。署名に使うデバイスはiOS13がインストールされていることが条件です。
     
    macOS Catalinaの「プレビュー」では、トラックパッド/カメラのほかに「iPhone/iPad」が選択肢として追加されています。
     
    macos catalina ios13 プレビュー アプリ 署名
     
    macos catalina ios13 プレビュー アプリ 署名
     
    iOSデバイス上で入力した署名は、アプリ内でオプションとして利用できるようになります。
     
    macos catalina ios13 プレビュー アプリ 署名
     
    バグが確認されているなど現時点では開発段階のようですが、正式に実装されれば、ドキュメントへ署名するにあたって、わざわざトラックパッドを用意する必要も、あるいはプリントアウトする必要もありません。様々な業務の円滑化に寄与することは間違いないでしょう。
     
    なお、macOS CatalinaではMacのサブディスプレイとしてiPadをワイヤレス接続で使用できる「Sidecar」機能が実装される見込みです。OSの正式なリリースは2019年秋となります。
     
     
    Source:MacRumors,プレビューユーザーガイド(Apple)
    (kihachi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    丸みを帯びたiPhone3GSの筐体に惚れ込み、Apple信者を誓ったのも今は昔。2014年から始めたライター業がきっかけで、気づけばXiaomiやHuaweiなど中華スマホにも手を出す浮気症に。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次