元Apple小売担当トップのアンジェラ・アーレンツ氏「今後さらなる旗艦店が登場する」


     
    元Appleの小売担当トップのアンジェラ・アーレンツ氏が、Bloombergのインタビューに登場し、次の4年間でさらなるフラッグシップストアが建てられる予定であることを明らかにしました。

    「Today at Apple」は従業員の要望から始まった

    Apple Storeの正面をガラス張りにし、内部の様子がわかるデザインへと移行させたり店舗内で催される無料の教育セッション「Today at Apple」の規模拡張の指揮を取ったことで知られるアーレンツ氏が、Appleを退職後初めて動画でのインタビューに登場し、様々な質問に答えました。
     
    「Today at Apple」がどのように始まったのかを聞かれると、アーレンツ氏は「世界中の6万人のApple従業員に尋ねると、Appleはもっとコミュニティのために奉仕すべきという答えが返ってきた」と述べました。
     
    今年始めに「Today at Apple」に50以上の新しいセッションが追加されており、その規模はさらに大きくなっています。また、Appleの公式ショッピングアプリApple Storeも3月にアップデートされ、「Today at Apple」セッションに焦点が当てられるようになっています。

    今後4年間で素晴らしい旗艦店が登場

    また、顧客サービスの低下について質問されると、アーレンツ氏は「根拠がない。みんなスキャンダルを探そうとしているだけ」と一蹴しました。
     
    すでにAppleを退社済みのアーレンツ氏ですが、今後4年間にさらなるフラッグシップストアが建てられる予定であることを明らかにしました。
     
    「素晴らしいフラッグシップストアが次の4年間に登場する。我々は店舗というよりも町の広場や集合場所と呼んでいた。コミュニティ全体に開かれているから」
     
    Apple Storeの新店舗といえば、先日台湾2店舗目のApple Storeが台北にまもなくオープンすると報じられたばかりです。
     
     
    Source:Bloomberg
    Photo:Apple
    (lexi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    ARラボ出身の猫愛好家。往年のMacユーザーで、iPhone使用歴は10年以上。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次