トップページ > 最新情報 > オランダの監督機関がAppleのApp StoreをEU独禁法違反で調査
2019年4月12日 23時18分

読了まで 21

オランダの監督機関がAppleのApp StoreをEU独禁法違反で調査


 
オランダの消費者・市場庁(Authority for Consumers and Markets:ACM)が、App Store独占禁止法に抵触している疑いがあるとして調査を行っていることが明らかになりました。

App Storeのほうが寄せられる苦情が多い

多くのスマホユーザーがAppleのApp StoreとGoogleのGoogle Playストアの2大アプリストアに依存せざるを得ない状況となっていますが、App Storeについての独禁法違反の訴えが大多数であるとして、App Storeの調査がACMにより最初に行われる運びとなりました。オランダのニュース系アプリを中心としてApp Storeが独禁法に抵触しているかどうかが判断されるようです。
 
App Storeの独禁法違反が疑われているのは、Apple自身もアプリの提供を行っているからです。Appleが提供するアプリは、App Storeを介してダウンロードされる必要がなく、課金の際もマージンをとられることはありません。この点が、Appleと同様のサービスを提供する他社製アプリに不利な状況をもたらしているというのが主な主張内容です。

SpotifyもAppleを独禁法違反で提訴中

音楽ストリーミングサービスSpotifyも、先月Appleを独占禁止法違反で欧州委員会に提訴したばかりです。
 
Appleは公式Webサイトで声明を発表しており、「Spotifyを不当に扱ったことは一切ない」として、あくまで他のアプリと同じように公平に扱っていると主張しています。
 
Spotifyが求めているのは、同社サービスに対するApp Storeのマージンの撤廃であり、この訴えが通った場合、今後ほかのアプリデベロッパーも同様の権利を要求する可能性があります。そうなるとApp Storeの収益モデルが崩されかねず、Appleのサービス事業にはこの先困難が待ち構えているとする意見もあります。
 
 
Source:MacRumors
(lexi)

カテゴリ : 最新情報  タグ : ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる