トップページ > 最新情報 > Apple、Spotifyの言い分に対する声明を発表
2019年3月15日 17時44分

読了まで 158

Apple、Spotifyの言い分に対する声明を発表


 
音楽ストリーミングサービスSpotifyは、AppleがiOSのApp Storeに対して持つ支配力を利用し、自社サービスApple Musicに不公平な利益を与えているとして、欧州連合競争法違反だと訴えています。AppleはSpotifyの言い分に対する声明を発表しました。

Appleはあくまでも他アプリと同様に扱っているだけと主張

Spotifyの言い分の一つに、Appleが自社製品とそのアップデートへのアクセスを妨害しているとの内容のものがありますが、Appleはあくまで他アプリと同様に扱っているだけと主張しています。
 
AppleはSpotifyが公平に競争できるよう手助けをしているとも述べています。
 
SpotifyはAppleの提供するCarPlayなどのプラットフォームにも統合されており、他のアプリと同様にアプリ開発ツールや資源も使用できます。

Spotifyは独自の地位を求めている?

SpotifyはAppleがApp Storeを介して有料会員登録料金の30%をせしめているとしていますが、実際にはアプリがストアに掲載されてから1年後にはマージンは半分の15%にまで下がるようになっています。
 
Appleはこのシステムに関して、長期にわたって質の良いアプリを提供してもらうためだと過去に明言しています。
 
SpotifyがAppleに求めているのは、iOSアプリでありながらシステム使用料をいっさい徴収されない独自の地位ですが、この要求に対してAppleは「不可能」と返答しています。
 
AppleはApp Store上のマージンに関して、広告ベースの収入や、配車サービスなど物理的な商品に関してはいっさいシステム利用用金を取っていないと主張しています。
 
 
Source:Apple, Ars Technica
Photo:Digital Trends
(lexi)

--PR--

[公式] - iPhoneの購入や予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


→ 格安でiPhoneを使うなら「Y!mobile」や「UQモバイル

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる