トップページ > 最新情報 > Lenovoのデザイン特許をもとに折りたたみデバイスを3D構築
2019年4月4日 16時45分

読了まで 149

Lenovoのデザイン特許をもとに折りたたみデバイスを3D構築


 
中国ベンダーLenovoのデザイン特許をもとに3Dグラフィックアーティストがコンセプトモデルを構築しました。

異なる位置で折り曲げることが可能

Lonovo折りたたみスマホの3Dモデルは、広げた状態では普通のスマートフォンのように見えます。
 

 
しかしながら特殊な蝶番(ちょうつがい)が採用されており、様々な位置でデバイスを折り曲げることができるようになっています。これにより、デバイスのメインのスクリーンを使用しながら折りたたんだときに出現する2枚目のディスプレイを使うことが可能となります。
 

 

 
メインカメラはデバイス背面に取り付けられており、シングルカメラとなっています。
 

高まる折りたたみスマートフォンへの関心

折りたたみスマートフォンは、すでにSamsungが横折りのGalaxy Foldを発表しています。
 
またXiaomiも再び折りたたみデバイスのティーザー動画を発表するなど、折りたたみスマホの熱は高まりつつあるようです。
 
ただしLenovoが実際に折りたたみスマートフォンの発表に至るかどうかは定かではありません。
 
ガラケーとして人気を博したMotorola RAZRが折りたたみスマートフォンとなって復活するといわれており、今年の夏にもリリースされる見込みです。販売価格は1,500ドル(約16万7,000円)になるとされています。
 
 
Source:Techspot via LetsGoDigital
(lexi)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる