トップページ > 最新情報 > iPhoneのWeb閲覧履歴はプライバシーとして保護。Appleが新作CMで強調
2019年3月29日 08時24分

読了まで 21

iPhoneのWeb閲覧履歴はプライバシーとして保護。Appleが新作CMで強調

Apple 「Privacy on iPhone — The Answer」
 
Appleは、iPhoneプライバシー保護機能を紹介した新作動画を公式YouTubeチャンネルで公開しました。Web閲覧履歴を使った追跡型広告をブロックするSafariが取り上げられています。

Web閲覧履歴をプライバシー情報として保護

Appleが公開した新作動画「Privacy on iPhone — The Answer」では、若い男性が口元のひげを気にしながら、iPhone XRを眺めています。
 
Apple 「Privacy on iPhone — The Answer」
 
どうやら、伸びてきたひげを剃るべきか、Webで調べているようです。
 
Apple 「Privacy on iPhone — The Answer」
 
動画には、以下の字幕が表示されます。

Safariは、Webサイトがあなたを追跡するのを制限します。
なぜなら、あなたが閲覧したものは、あなたのものですから。
プライバシー。それがiPhone。

 
Apple 「Privacy on iPhone — The Answer」
 
納得した様子の男性は、iPhone XRをタオルの上に置きます。ひげはまだ剃らないことにしたようです。
 
動画はこちらでご覧ください。
 

 
Appleは、先日もiPhoneがユーザーのプライバシー保護を重視していることを強調する、ユーモラスな広告動画を公開しています。

iOS12.2ではWeb閲覧履歴の追跡をブロック

先日公開されたiOS12.2では、ユーザーが閲覧したWebサイトの履歴を追跡する広告が表示されないよう、Safariのプライバシー機能が強化されています
 
Appleは、1月に開催されたCES 2019の会場近くに、ユーザーのプライバシー尊重をアピールする大型屋外広告を掲出し、ユーザー情報をビジネスにするGoogleやFacebookを批判する意図があるのではないかと話題になりました。
 
また、Appleが「プライバシーは重要」という意味の独自ドメインを取得したことが発見され、注目を集めています。
 
 
Source:Apple/YouTube, 9to5Mac
(hato)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる