トップページ > 最新情報 > Apple「プライバシー」を取り上げたユーモラスな広告動画を公開
2019年3月16日 12時03分

読了まで 149

Apple「プライバシー」を取り上げたユーモラスな広告動画を公開

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

Apple YouTube
 
Appleは現地時間3月14日、公式YouTubeチャンネルでプライバシーに焦点を当てた動画を公開しました。この動画は広告として、同日米国で公開され、順次ほかの国々でも展開されると見られます。

プライバシーを守りたい状況を面白く紹介

45秒の動画は「プライバシーが気になる(privacy matters)」のタイトルで始まり、日々の生活のさまざまな場面で人々がプライバシーを守りたい状況を、ユーモアを交えて紹介しています。
 
たとえばある場面では、2人の男性がレストランらしき店内で話をしていますが、ウェイトレスが近づいてきたため話を中断しています。広告動画は、
 
「生活のなかでプライバシーが気になるなら、生活に重要な電話のプライバシーも気になるはず」
「プライバシー。それがiPhoneです」
 
とまとめています。
 

1月のCESに合わせて巨大ビルボードを設置

Appleプライバシーの重要性を主張する巨大広告を、今年1月に米ラスベガスで開催されたCES 2019の開催に合わせ、会場近くのビルに巨大ビルボードを設置しています。
 

 
 
Source:YouTube/Apple via MacRumors
(lunatic)

カテゴリ : 最新情報, iPhone  タグ : , , ,
Twitter

Twitter

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる