トップページ > 最新情報 > Apple、CESに先駆けプライバシーの重要性を主張する巨大広告を設置
2019年1月5日 14時01分

読了まで 28

Apple、CESに先駆けプライバシーの重要性を主張する巨大広告を設置


 
米ラスベガスで1月9日から開催される見本市CES 2019ですが、Appleは今年も参加しないことがわかっています。しかしながら、CESの会場近くのビルにプライバシーの大切さを強調する巨大ビルボードを設置したことが明らかになりました。

CES参加者は目にすること間違い無し

Appleプライバシーの重要性を主張する巨大広告が目撃されたのは現地時間の4日です。ビルボードはCES 2019の会場のすぐ近くのビルに設置されているため、CES参加者が広告を目にすることになるのは間違いありません。
 
広告には、「What happens on your iPhone, stays on your iPhone(あなたのiPhoneで起こることは、あなたのiPhone上に留まる)」と黒いバックグラウンドに白い文字で記されており、プライバシーのページへのWebリンクがその下に記載されています。
 

プライバシーで差別化を図るApple

Appleは、2017年9月からユーザーの個人情報保護を宣言した「プライバシー」ページをApple公式Webサイト上で公開しており、「Appleは、プライバシーは基本的人権であると信じています」と、ユーザープライバシーを重要視していることをアピールしています。
 
昨年10月には、Appleのティム・クック最高経営責任者(CEO)が、米テレビネットワークCNBCで、「テクノロジー企業が、サービス改善のために個人情報が必要だ、と言っても信じてはいけない」と述べました。
 
テクノロジー企業に特化した投資会社Elevation Partnersの取締役ロジャー・マクナミー氏は、クックCEOのコメントに対して、「Androidユーザーは、価格の安さと引き換えに、自分の個人情報の権利をすべて放棄していることに気づくべきだ」と語りました。
 
 
Source:AppleInsider, Apple
(lexi)

--PR--

[公式] - iPhoneの購入や予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


→ 格安でiPhoneを使うなら「Y!mobile」や「UQモバイル

カテゴリ : 最新情報  タグ : ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる