トップページ > iPhone > 2019年のiPhoneはメインカメラに3眼レンズを採用か?
2018年12月31日 07時50分

読了まで 151

2019年のiPhoneはメインカメラに3眼レンズを採用か?

triplelenz
 
2019年の新型iPhoneは、メインカメラにも3Dセンサーを搭載するだろうと考えられています。予想が正しければこの3Dセンサーはカメラとの組み合わせにより、iPhone X以降に搭載されているTrueDepthシステムに相当する働きをします。

採用される可能性があるTime of flight(Tof)方式とは

TrueDepthシステムは、あるパターンを持った赤外線光線を対象にあて、投影されたパターンの歪みで物体の形や奥行きを求めるストラクチャードライト方式を採用しています。

 

一方で2019年の新型iPhoneのメインカメラにはTime of flight(Tof)方式が採用されるといわれています。Tof方式は、センサーから赤外線を飛ばして目標物から反射した赤外線を再度感知し、それを元に物体との距離を測定する技術です。

 

3Dsensor

次期iPhoneへのTofセンサー搭載には懐疑的な見方も

アナリストのミンチー・クオ氏は、Tofセンサーの技術は現時点で発達段階にあり、Appleが目指している革新的なAR技術に用いられることはないだろうと予測しています。同氏は、Appleが現在目指している技術革新には5G技術が不可欠であり、2019年内の実現は難しいだろうと考えています。

 

しかし、Appleは次期iPhoneに3眼レンズを採用する可能性があります。3眼レンズは低照度に強く、3倍光学ズームにも対応可能です。2019年のiPhoneに関しては様々な予測が飛び交っていますが、まだはっきりとしたことは分かっていません。

 
 

Source:36氪
Photo:iDrop News
(david)

--PR--

[公式] - iPhoneの購入や予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


→ 格安でiPhoneを使うなら「Y!mobile」や「UQモバイル

カテゴリ : iPhone, 最新情報  タグ : ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる