トップページ > 最新情報 > 2019年のiPhoneに背面3Dセンサーは搭載されない?
2018年9月13日 00時10分

読了まで 24

2019年のiPhoneに背面3Dセンサーは搭載されない?


 
来年の新作iPhoneモデルの背面にToF(Time of Flight)センサーは搭載されない、とApple製品の予測で知られるミンチー・クオ氏が述べています。

まだ技術が追いついていない?

業界アナリストたちは、Appleが2019年にもiPhoneの背面にToFセンサーを埋め込み、次世代の拡張現実(AR)体験を実現させると予測していますが、クオ氏は技術そのものがまだ成熟していないと見ているようです。
 
ToFセンサーは同じ3DセンサーでもiPhone Xに搭載されているTrueDepthカメラとは仕組みが異なります。TrueDepthカメラはストラクチャードライトと呼ばれる測定方式を用いており、30,000以上の赤外線ドットを投射して、物体情報を読み取ります。ストラクチャードライトは、奥行き精度が非常に高いのが特徴ですが、その反面製造コストが高く、光が多い環境では性能が落ちてしまうのが難点とされています。
 
ToFセンサーは、光を出して、その光が物体に跳ね返り、返ってくるまでの時間を測定し、環境を把握するというものです。ToFは光の少ない環境でも問題なく動作し、比較的単純な装置構成で済むにも関わらず、高い奥行き精度を誇ります。
 
しかしながらクオ氏によれば、既存の背面用ToFハードウェアは技術的に十分とは言いがたく、Appleが目指しているような革新的なAR体験を作ることはできないとのことです。

デュアルカメラも一定の役割を果たす

2016年にiPhone7 Plusで導入されたデュアルカメラ(ステレオカメラ)も、精度は高くないものの、奥行き情報の推定を行うことができるため、2019年のiPhoneにToFセンサーは必要ない、とクオ氏は主張します。
 
iPhoneの背面にTrueDepthカメラが搭載されるのではないかとの噂は7月にもありました。そもそもTrueDepthカメラは、iPhone Xの背面に搭載されるとみられていましたが、技術上の限界から自撮りカメラ側への搭載となったといわれています。
 
 
Source:AppleInsider
(lexi)

--PR--

[公式] - iPhoneの購入や予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


→ 格安でiPhoneを使うなら「Y!mobile」や「UQモバイル

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる