トップページ > iPhone > 手のひらサイズのiPhoneはいかが?コンセプト画像が公開
2018年12月14日 12時24分

読了まで 156

手のひらサイズのiPhoneはいかが?コンセプト画像が公開

iPhone X Mini
 
近年大型化の一途をたどっているiPhoneですが、iPhone XS Maxよりも40%以上小さい、「iPhone X Mini」と名付けられたiPhoneのコンセプト画像が公開されています。

指が届かず苦労する子どもと高齢者がヒントに

コンパクトな手のひらサイズの「iPhone X Mini」を考案したのは、デザイナーのドンヘ“クリストファー”キム氏です。小さなiPhoneのアイディアは、子どもがPlusサイズのiPhoneにかかってきた電話に出ようとしているのを見たときに思いついたとか。また高齢者が片手でiPhoneを操作しようとして、画面の上の部分に指が届かずに苦労している場面を見たことも、ヒントになったといいます。
 
キム氏は「このサイズと形なら、すべてのコーナーに親指が届く。Appleが出している新しいラインナップと違って軽いので、どんなポケットにも入れられる」と説明しています。
 
iPhone XS Mini
 
iPhone XS Mini

販売終了となったiPhone SE

一部のユーザーの間で今も根強い人気があり、一時期は後継モデル「iPhone SE 2」の登場が噂されたにも関わらず、Appleは4インチディスプレイを搭載したiPhone SEの販売を終了してしまいました。
 
そのため現在販売中のiPhoneのなかでもっとも安価なモデルは、iPhone SEよりも150ドル(約17,000円)も高額なiPhone7となっています。

 
Palmが10月に発表した、ディスプレイサイズわずか3.3インチのAndroidフォン「Palm」をほうふつとさせる、今回のiPhone X Miniのようなコンパクトかつ安価なiPhoneの登場は果たして今後あるのでしょうか。
 
 
Source:Kryated Krystofer via Cult of Mac
(lunatic)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる