トップページ > 最新情報 > Apple、iPhone向けモデムを自社開発〜実現は2021年か
2018年12月14日 02時01分

読了まで 25

Apple、iPhone向けモデムを自社開発〜実現は2021年か

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

Apple iPhone iPhone XS iPhone XS Max iPhone iPhone XR
 
AppleがiPhone向けワイヤレスモデムの内製化を目指し、開発を進めているとThe Informationが報じています。

2020年にはIntel製モデム搭載iPhone登場の噂

同メディアによると、Appleは開発プロジェクトのため、米カリフォルニア州クパチーノのApple Park本社近くに技術者を集めている模様です。また米カリフォルニア州サンディエゴを拠点とするワイヤレス・アーキテクチャ・チームでも技術者の採用を行い、人員を増強しているとのことです。
 
ワイヤレスモデムの構造は複雑なため、Apple設計モデムのiPhone搭載が実現するまでには最長3年はかかると見られています。Intelの5Gモデムを搭載したiPhoneが2020年に登場するとすれば、Appleが独自設計したモデムを搭載したiPhoneの登場は早くても2021年になりそうです。

主要部品の内製化を進めるApple

Appleは以前より主要部品の内製化を進めており、iPhoneのAシリーズプロセッサ、Apple WatchのSシリーズプロセッサ、AirPodsおよび一部BeatsヘッドホンのWシリーズプロセッサ、そして最新MacのTシリーズコプロセッサは、いずれもAppleが設計したものです。
 
iPhoneなどのグラフィック処理プロセッサ(GPU)の内製化も決定、2017年にはイギリスのImagination Technologiesに対し、技術利用契約を2年以内に終了すると通告しています。

背景にはQualcommとの争い

またAppleがワイヤレスモデムの内製化を目指しているのには、同分野において主導権を握るQualcommとの、特許使用料支払いを巡る争いも多分に影響していると思われます。Appleは最新のiPhoneにおいては、QualcommではなくIntelのモデムを採用しています。
 
Appleがワイヤレスモデムを自社開発しているという噂は以前からあり、2017年にはワイヤレス技術関連の求人を行っていると報じられました。

 
 
Source:The Information via MacRumors
(lunatic)

カテゴリ : 最新情報, iPhone  タグ : , ,
Twitter

Twitter

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる