トップページ > 最新情報 > ソフトバンク通信障害、原因はEricsson製通信機器のソフトウェア異常
2018年12月7日 08時05分

読了まで 147

ソフトバンク通信障害、原因はEricsson製通信機器のソフトウェア異常

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

ソフトバンク SoftBank ロゴ
 
12月6日の午後に発生した、ソフトバンクの携帯電話回線が繋がりにくくなる通信障害の原因について同社は、スウェーデンの大手通信機器メーカーEricsson(エリクソン)製交換機のソフトウェアの異常によるものだった、との調査結果を発表しました。

海外11カ国でも同時刻に同様の異常発生

ソフトバンクの携帯電話回線の通信障害では、12月6日の13時39分頃から18時4分頃までの約4時間半にわたって、LTE通信が接続できなくなりました。
 
ソフトバンクは12月6日夜、通信障害の原因について、東京と大阪に設置して全国をカバーするEricsson製のパケット交換機全台数で発生したソフトウエアの異常によるもの、と発表しました。
 
Ericsson製の通信設備を使用する海外11カ国の通信事業者でも、ほぼ同時刻に同様の障害が発生しソフトウェアを旧バージョンに戻すことで復旧した、とのことです。
 
ソフトバンク プレスリリース
 

ソフトバンク「Ericssonと共同で再発防止を徹底」

影響を受けたサービスは、ソフトバンクをはじめ、同社の回線を使用するY!mobileやMVNO各社のLTE通信サービスのほか、ソフトバンクの固定電話サービス「おうちのでんわ」や無線インターネットサービス「SoftBank Air」です。
 
ソフトバンクは、影響数については調査中であるとして、「Ericssonと共同で徹底した再発防止に取り組んでまいります」と発表しています。
 
 
Source:ソフトバンク
(hato)

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる