トップページ > 最新情報 > Apple、時価総額でMicrosoftに抜かれる〜首位陥落
2018年12月3日 20時55分

読了まで 219

Apple、時価総額でMicrosoftに抜かれる〜首位陥落

apple フリー素材 apple store 中国
 
テクノロジー企業の株価が連日冴えないなか、Microsoftの時価総額がAppleを抜き、米国株ランキングで首位に立ったことが分かりました。AppleがMicrosoftに時価総額で負けるのは、2010年以来のこととなります。

市場の期待が剥落したApple

一時は時価総額で史上初めての1兆ドル(約113兆円)超えを達成していたAppleですが(のちにAmazonも1兆ドル超え)、株価は過去8週間で20%ほども下落し、12月の第1金曜日時点での終値は178.58ドルに留まっています。10月頭には過去最高値の229.28ドルをつけ、アナリストが目標株価を250ドルに設定していたことが遠い昔のようです。
 
apple microsoft 時価総額
 
そんなAppleを尻目に、株価が安定して推移しているのがMicrosoftです。テクノロジー市場が全般的に弱気基調にあるなか、Microsoftも10月初旬につけた116.18ドルから幾分かは下落してはいますが、それでもわずか5%ほどの下落に落ち着いています(110.89ドル)。

Microsoft好調のわけは

市場関係者の間では、2014年に就任したサティア・ナデラ最高経営責任者(CEO)の辣腕が奏功しているとの見方が多数を占めています。
 
もはやMicrosoftは、Windowsだけの企業ではありません。同社は近年、「Azure」と呼ばれるクラウドサービスで大きなシェアを占めており、ゲームデバイスのXboxやBing検索、タブレットのSurfaceやPC、2016年に買収したLinkdInなどと合わせて、様々な収益基盤を確保しています。
 
その結果が、12月第1金曜日時点での時価総額8,512億ドル(約96兆1,850億円)という数字なのです。これはナデラ氏が就任した当時の2014年初頭と比べて3倍の額です。

Appleが盛り返すには?

一方で、Appleがここまで時価総額を下げてしまった理由は、大半の収益基盤が「自社サービスのための自社デバイス」な点にあると、J.Gold Associatesのアナリストは分析しています。現在のMicrosoftとは対照的であるばかりか、「10年前にMicrosoftが辿った道と同じだ」と同氏は指摘します。「Appleは変わる必要があるだろう」
 
Apple製品に詳しい、Loup Venturesのアナリストであるジーン・ミュンスター氏も、Appleが大きな変貌を遂げる可能性に期待しながら、次の“再発明”はただの新製品というよりは「サービス」になるだろう、と予測しています。
 
 
Source:ABS CBN,Yahoo!ファイナンス
(kihachi)

--PR--

[公式] - iPhoneの購入や予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


→ 格安でiPhoneを使うなら「Y!mobile」や「UQモバイル

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる