Apple、文鎮化問題を解決したwatchOS 5.1.1を公開

watchOS 5.1.1

watchOS 5.1.1
 
Appleは現地時間11月5日、watchOS 5.1へのアップデート時に、一部のApple Watchで発生していた文鎮化問題を解決したwatchOS 5.1.1をリリースしました。

Appleロゴが表示されたたまま操作できない問題

Appleが先日公開したwatchOS 5.1では、アップデートする際に一部のApple WatchでAppleロゴが表示されたたまま操作できなくなるという問題が発生、特にApple Watch Series 4ユーザーから問題の報告が多数挙がっていました。
 
Appleはこれを受けて、サポート文書「Apple WatchがwatchOS 5.1にアップデートした後でAppleロゴを表示したまま動かなくなった場合」を公開するとともに、watchOS 5.1の公開を中止しました。

watchOS 5.1.1で文鎮化問題を解決

現地時間5日に公開されたwatchOS 5.1.1は、この文鎮化問題を解決したものとなっています。
 
なおリリースノートの内容は、watchOS 5.1と同一のままです。

 
 
Source:MacRumors
(lunatic)

この記事がお役に立ったらシェアお願いします

この記事を書いた人

元某業界新聞社の記者。その後フリーライターとして各方面で執筆、英日翻訳家としての著書も多数。2014年から本メディアでライター、編集記者として活動中。アメリカ在住(現在は日本に滞在中)。iPhone使用歴は12年以上。

特集

目次