2018年11月5日 08時01分

読了まで 145

watchOS 5.1へのアップデート時の文鎮化問題、Appleが対処法を公開

watchOS 5 Apple


 
5.1へのの際、一部の Watchが、Appleロゴが表示されたまま操作できなくなる問題について、Appleが対処法を記した文書を公開しました。

wathOS 5.1へのアップデート時の問題に対応

先日正式版が公開されたwatchOS 5.1へのアップデート中、一部のApple WatchがAppleロゴを表示したまま操作できなくなる問題が発生し、Appleはその後、watchOS 5.1の公開を中止しています。
 
watchOS 5.1リリースノート
 
Appleは11月3日付けでサポート文書 が watchOS 5.1 にアップデートした後で Apple ロゴを表示したまま動かなくなった場合」を公開し、こうした現象が発生した場合の対処方法を案内しています。
 

まずはApple WatchのサイドボタンとDigital Crownの両方を長押しして強制的に再起動して、それでも問題が解決しない場合はAppleサポートに連絡するよう案内しています。

無事にアップデートできた場合は対処不要

なお、無事にアップデートが完了した場合は、特に対応する必要はないとのことです。
 
米メディアMacRumorsによると、問題が発生したのはApple Watch Series 4に多い傾向があるようです。

 
 
Source:Apple via 気になる、記になる…
(hato)

著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる