2018年10月31日 08時04分

読了まで 26

【注意】watchOS 5.1へのアップデートで一部のApple Watchが文鎮化

Apple Watch Series 4


 
Appleは現地時間10月30日に公開した、Apple Watch向けのwatchOS 5.1にアップデートすると、一部のApple Watchが動作しなくなる問題が発生しているようです。アップデートは少し待った方が良いかもしれません。

watchOS 5.1へのアップデートで問題発生

正式版が公開されたばかりのApple Watch向けの新OSであるwatchOS 5.1にアップデートすると、Appleロゴが表示されたまま固まってしまう現象が発生している、とMacRumorsのユーザーフォーラムやTwitter、掲示板サイトRedditに書き込みがあります。
 
Appleロゴが表示されたまま数時間にわたってApple Watchが反応しなくなっていると訴えるユーザーもおり、この現象は、Apple WatchならびにペアリングしているiPhoneの再起動をしても解決しないとのことです。
 


 

Apple Watch Series 4の一部で多く発生

MacRumorsによると、問題を訴えているユーザーはApple Watch Series 4を使っている方が多いようですが、無事にアップデートが完了したユーザーもおり、問題が発生する条件は判明していません。
 
Appleはこの問題を認めていない模様ですが、9to5Macは「Appleはこのバージョンを公開停止にして修正版を公開するべきだ」と主張しています。
 
これからwatchOSのアップデートを予定している方は、少し待ってからアップデートしたほうが良いかもしれません。

 
 
Source:9to5Mac, MacRumors
(hato)

著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる