iOS12のバージョン別シェアが63%に〜iOS12.1公開直前の数字

iOS12シェア

iOS12シェア
 
Appleがデベロッパー向けサポートページをアップデートし、現地時間10月29日時点でのiOSのバージョン別シェアを発表しました。

iOS12のシェアは10%アップ

Appleは前回より、従来の「すべてのデバイス」に「過去4年間に発売されたデバイス」という統計を追加しており、円グラフを2種類掲載しています。
 
Appleの統計によれば、現地時間9月17日にリリースされたiOS12は、過去4年間に発売されたデバイス(2014年9月以降に発売されたもの)の63%、すべてのデバイスの60%にインストールされています。
 
前回の10月10日時点での統計と比べると、過去4年間に発売されたデバイスでは53%から63%、すべてのデバイスでは50%から60%へと、それぞれ10%ずつシェアが増加していることがわかります。
 
なおデータ解析を行うMixpanelによれば、10月29日時点でのiOS12のシェアは66.96%、iOS11は26.80%、それ以前のバージョンは6.24%となっています。
 

シェア増の理由はiPhone XRの発売

なお最後の統計から今回の統計までの期間中(10月10日〜29日)に、iOS12がプリインストールされたiPhone XRが発売されており(10月26日発売)、それが19日間という短期間での10%シェア増という結果に大きく貢献していると思われます。
 
また現地時間10月30日にリリースされた、最大32人の同時通話が可能なグループFaceTime機能や70種類以上の新しい絵文字が追加されたiOS12.1により、iOS12の普及に弾みがつきそうです。

 
 
Source:Apple via MacRumors,Mixpanel
(lunatic)

この記事がお役に立ったらシェアお願いします

この記事を書いた人

元某業界新聞社の記者。その後フリーライターとして各方面で執筆、英日翻訳家としての著書も多数。2014年から本メディアでライター、編集記者として活動中。アメリカ在住(現在は日本に滞在中)。iPhone使用歴は12年以上。

特集

目次