トップページ > 最新情報 > Apple、マップ用のデータ収集車としてスバル・インプレッサを導入
2018年10月12日 18時43分

読了まで 220

Apple、マップ用のデータ収集車としてスバル・インプレッサを導入

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

BusinessInsider Apple マップ Subaru インプレッサ
 
Appleが、マップの撮影車両として新たにスバルのインプレッサを導入し、米ロサンゼルス市周辺で撮影を行っていることが分かりました。Appleは、日本国内でもマップ用のデータ収集を実施しています。

インプレッサに取り付けられたキノコ状のセンサー

Appleは約4年前から、ルーフにGPSやLIDAR(ライダー)と呼ばれるレーダーセンサーを搭載したミニバンを走行させ、マップ用のデータ収集を行ってきました。
 
米メディアBusinessInsiderは、ロサンゼルス市周辺で従来のミニバンではなく、スバル・インプレッサがAppleのマップ用の撮影を行っているのが目撃された、と報じています。
 
後部座席ウインドウに「Apple Maps」と記されたインプレッサのルーフには、キノコが生えているような形状で、柱の上に白いプラスチックでカバーされたセンサー類が取り付けられています。

数カ月前にも目撃情報

BusinessInsiderは、数カ月前に米サンフランシスコ市で、カバーが取り付けられていない状態のセンサーを搭載した車両が目撃されている、とも伝えています。
 
BusinessInsider Apple マップ Subaru インプレッサ
 
なお、サンフランシスコ市で目撃された車両にはApple Mapsの表示はされていなかったとのことです。
 
目撃されたのがApple本社からも近いサンフランシスコであることを考えると、数カ月前は本格稼動前の試験中だったのかもしれません。

ミニバンよりも小型化、自動運転車とも異なるセンサー類

インプレッサに搭載されているセンサー類は、以前から使用されているミニバンに搭載されているセンサー類よりもコンパクトになっているように見えます。
 
Apple マップ バン Twitter @dr_ench
 
また、Appleが公道上での試験運転を行っているレクサスRX450には、マップ用データ収集車とは異なるセンサー類やカメラなどの機器が搭載されています。

日本でもマップ用データを収集

Appleは独自技術でマップを進化させることに力を入れており、アメリカの一部地域では、すでに精密な地図が提供されています
 
最近、AppleはAR(拡張現実)分野の人材募集を強化していることから、ARを組み合わせたマップの開発が進められているのではないか、と推測されています。
 
Appleはマップ用のデータ収集を日本でも開始したことを発表しています。AppleのWebサイトには、2018年7月から10月の期間は千葉県と東京都内でのデータ収集が行われると記載されています。

 
 
Source:BusinessInsider, Apple
Photo:@dr_ench/Twitter
(hato)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,
Twitter

Twitter

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる