Apple、複数のメディアサービスをまとめたバンドル・サービス開始を検討中か


     
    Appleの次の大きな製品と言えば、自動運転車や拡張現実(AR)グラスなどを思い浮かべる人が多いかもしれませんが、Apple投資家の間で今話題となっているのはAmazon Primeのようなバンドル・サービスであると伝えられています。

    月額30ドルのバンドル・サービスの内容とは

    Appleは現在、Apple MusicやiCloudなどのメディア関連サービスやストレージサービスをを個別に提供していますが、それらを一挙にまとめたバンドル・サービスの開始を検討しているとされています。
     
    金融グループGoldman Sachsによれば、Appleのバンドル・サービス(仮称:Apple Prime)は月額30ドル(約3,411円)になるとのことで、月額10ドル(日本では980円)のApple Music、200GBのiCloudストレージ、Apple Care、今後サービス開始が噂されているApple Videoがまとめて利用できるようになるかもしれません。
     

    Goldman Sachs

    ユーザーはあまり興味なし?

    Appleのバンドル・サービスは、株価の値上がりにつながるとされているため、Apple投資家の大きな注目が集まっていますが、ユーザーがそれほど興味を持つ製品ではなさそうだ、とBusiness Insiderはコメントしています。
     
    Appleはオンラインで雑誌が読み放題のTextureアプリを買収しており、バンドル・サービスが出る場合、音楽や雑誌などのメディアのみに特化したサービスの発表も期待されています。
     
     
    Source:Business Insider
    Photo:Redef
    (lexi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    ARラボ出身の猫愛好家。往年のMacユーザーで、iPhone使用歴は10年以上。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次