トップページ > Apple Watch > 【訂正】Apple Watch Series 4の分解レポート、バッテリー容量は約2割減
2018年9月25日 00時20分

読了まで 237

【訂正】Apple Watch Series 4の分解レポート、バッテリー容量は約2割減

iFIxit Apple Watch Series 4 分解


 
Apple Watch Series 4の分解レポートが公開されました。Apple Watch Series 3と比べてバッテリー容量は4%増えています。大画面化、薄型化だけでなく、内部構造も大きく変更されています。
 
【追記 2018/9/26 23:55】Apple Watch Series 4のバッテリー容量に関する記載は、iFixitが比較対象を間違っていたことが判明しました。Apple Watch Series 4のバッテリー容量はApple Watch Series 3から約2割減少しています。記事のタイトルと該当箇所を修正いたしました。

内部構造も大きく変わったApple Watch Series 4

9月21日に発売されたApple Watch Series 4の分解レポートを公開したのは、先日iPhone XSとiPhone XS Maxの分解レポートを公開したiFixitです。
 
Apple Watch Series 4(左)本体の外寸は、Apple Watch Series 3(右)から0.7mm薄くなっています。
 
iFIxit Apple Watch Series 4 分解
 
Apple Watch Series 4(左)とApple Watch Series 3(右)をX線写真で比較すると、Apple Watch Series 4では背面のセンサー類が大きく変更されていることがわかります。
 
iFIxit Apple Watch Series 4 分解
 

バッテリー容量は4%拡大

Apple Watch Series 4に搭載されているバッテリーの容量は291.8mAhで、Apple Watch Series 3の約350mAhから約18%減少しています。
 
iFIxit Apple Watch Series 4 分解
 
なお、Apple Watch Series 2のバッテリー容量は273mAh、初代Apple Watchは205mAhでした。

心電図機能については「後日報告」

Apple Watch Series 4に搭載された心電図機能は、左右の腕に流れる電圧の差を用いて計測されます。なお、日本で利用可能になる時期は不明です。
 
Apple Watch Series 4の場合、本体の装着された腕と、もう片方の手でデジタルクラウンに触れることで計測しています。
 
iFIxit Apple Watch Series 4 分解
 
iFIxitは、心電図センサーについては詳細に分析し、改めてレポートすると報告しています。

刷新されたデジタルクラウン

Apple Watch Series 4のデジタルクラウンは、物理ボタンから触覚フィードバック方式に変更されています。
 
iFIxit Apple Watch Series 4 分解
 
新しいデジタルクラウンは、心電図機能用のセンサーとしても使われています。

修理しやすさは「6点」

iFixitは、Apple Watch Series 4の修理しやすさを10点満点中の6点と評価しています。
 
iFIxit Apple Watch Series 4 分解
 
iFixitはバッテリー交換がしやすくなっていることを高く評価する一方、配線の一部が他のパーツに固定されており修理しにくい、と減点しています。
 
iFixitは、分解の様子を撮影した動画も公開しています。
 

 
 
Source:iFIxit
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる